石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
甚六兼若 高平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二代甚六兼若は兼若系中隨一の名工なり。舊來の系圖にはその越中守を受領して高平と改
號せるを寛永元年に在りとするも、作品より見れば元和七年より之を銘じたること明瞭な
り。近來元和初期...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
四郎右衞門兼若 景平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三代四郎右衞門兼若は越中守高平の長子なり。その賀州住兼若造元和五年八月又は元和七
年八月吉日と切れるものはその作なり。通稱四郎右衞門...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
關系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
━━━━━━兼若━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓代天正頃加賀へ來住代
元和七年越中守受領改高平┃┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━┛┃四郎右衞門、...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
出羽守高平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又助兼若の第二子に出羽守高平あり。傳右衞門と稱す。幼名又八。その作、緻密なる板目
肌にして無地の如くなるに直刄を燒きたるもあれど、...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼若の世代新説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
助兼若は濃州住にして加賀に來りしことなく、當國に於ける初祖は從來二代と目せられた
る甚六兼若即ち越中守高平にして、二代を四郎右衞門景平とし、三代を又助兼若、四代を
四郎右衞門兼若、五代を甚太夫兼若と序次し、し...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高平均とは、地味に高下の差あるも諸上納は高懸りを以て負據せる場合、即ち甲は下田三
千歩、乙は中田二千歩、丙...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
頁―六六七頁國寶蒔繪料紙筥六七二頁―六七三頁國寶蒔繪手筥六七二頁―六七三頁兼若造
刀七三〇頁―七三一頁高平造刀七三〇頁―七三一頁加州金澤住氏吉作鐙と平田奉就作鍔七
四八頁―七四九頁初代寒雉作燒飯釜七六四頁―七...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の完成
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
じて相州傳風の箱がゝれる大五の目亂を工夫し、以て世人の好尚に迎合したりき。彼が元
和七年受領して越中守高平と稱するに至れるも、亦その創案せる華美の刄文が激賞を得た
りし結果たらずんばあらざるなり。是に至りて加...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の全盛期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
屬する清光・友重・信友等、陀羅尼系に屬する家重・家忠・光國等、美濃派に在りては辻
村一族に屬する越中守高平・景平・有平・又助兼若・清平等、炭宮系の兼則・兼春、敷村
系の兼卷、その他系統不詳の移入刀工二十餘人あ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
寛永以降の加賀新刀の特色
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
尊重し、これを系統的に判明するの極めて容易なること前述の如くなりといへども、寛永
期に至るときは越中守高平を初とし、諸工概ね世相に追隨し、衆俗の嗜好に迎合すると共
に、比較的造法の利便なる關傳を採用し、その本...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
延寳に於ける變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の美術工藝品と同視せらるゝに至り、而してこの傾向を最も能く具現したる刀工に辻村四
郎右衞門兼若と出羽守高平との兄弟並びに洲崎四郎兵衞家平あり。四郎右衞門兼若は今日
世人の擧つて名工と認むる者なるが、かくの如き...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工の階級
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
階級はその手腕の巧拙に從ひて三等に分かたれたり。即ち貞享元年八月の鍛冶位付調書に
據れば、兼若・勝國・高平・吉家・勝家、非人小屋に罷在清光・兼則を上作とし、光國・
友重・家平・信友を中作とし、守種・幸昌・兼裏...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
有平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高平の第二子を有平といひ、越後守を受領す。その作品は又助兼若に類似するも、現存す
るもの少きは彼が早世せる...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
清平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高平の第四子に清平あり。五郎右衞門と稱し、萬治の頃江戸に出でゝ稻葉丹後守の祿を受
く。隨ひて稻葉氏の居城相...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
坪持
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
味良好に、乙の十石高は歩當り狹く地味劣惡なるが如きことあればなり。因りて之を避け
しめんが爲、歩平均・高平均・尻目打又は作徳平均の法によりて地元を平均せしむ。この
四種の方法は、百姓の協議によりて何れを採るも...