石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
高山城の廢毀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
交代の期に當り、和田小右衞門命ぜられてその任に當らんとせしが、偶幕府は使を金澤に
發し、綱紀に命ずるに高山城を廢毀すべきを以てしたりき。綱紀乃ち小右衞門の任を止め
、大小將組頭奧村市右衞門を以て廢城事務の主管た...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
高山屯戍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
事にあらざるも、兵馬を進め器仗を動かしゝ事あるは、亦頗る珍とすべし。元祿五年七月
二十八日幕府は飛騨國高山城主金森頼旹の封を出羽國上山に移し、高山は爲に空城となり
たるを以て、八月二十二日老中戸田忠昌は在江戸の...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の類甚だ多しとせざるべく、偃武以後全く干戈を動かすの機會に接せざりしに拘らず、尚
元祿元年幕府より飛騨高山城の在番を命ぜられたる時、一千人に垂んとする士卒の、久し
からずして出發し得たるを見て之を察すべし。凡そ...