石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第四節 交通
驛馬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
北國街道に於ける驛馬の數は之を寛文年間の調査に徴するに、橘驛十七疋、大聖寺驛十一
疋、動橋驛十四疋、月津驛二十二疋、小松驛...
第六章 經濟交通 第四節 交通
本馬と輕尻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
驛馬には本馬と輕尻との別あり。藩末の法に據れば、輕尻とは荷物の重量十八貫以内を負
はしむる場合をいひ、本馬...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
澤田宗堅 澤田菖庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。索居杳無レ信。孤唫聊暢レ情。春風連日雨。浙瀝濕二吾行一。平原潦水漲。疊巒雲氣生
。甞險輿丁慘。臨レ河驛馬鳴。焉借二宜都石一。鞭撻得二新晴一。出二加府一菖庵旅牕遊
學眼。偏駭二歳時遷一。逈想東關驛。更辭北海天...
第六章 經濟交通 第四節 交通
行列
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
雇傭者六百八十六人、宿繼人足二百六十八人にして、合計千九百六十九人を算し、この外
に家中の馬三十二疋・驛馬百八十八疋に達せり。押足輕小頭三人押足輕御提灯十四御持筒
三十挺玉藥箱二荷、持者手替共四人御持筒頭、從...
第六章 經濟交通 第四節 交通
中荷持三度飛脚の合同
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り數人を選びて棟取の任に當らしめ、又江戸本郷五丁目にも事務所を設け、店員をこゝに
派遣し、荷物の運搬は驛馬に附し、宰領をして之を監督輸送せしめたり。差立定日以外に
於いて藩の急用あるときは別に早打を發し、家中...