石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第二節 物價
享保の米價變動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
物價に關する藩の記録は、享保以降に至りて稍之を見ることを得べし。即ち同五年に於い
ては、米價の騰貴最も甚だしく、七月二十日遂に一石銀二百三十目に達し、實に前古未曾
有のことなりと稱せられき。然るに十四...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の小松暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文化五年、前年の凶作により貯穀大に缺乏したりしが、特に小松に於いては米價騰貴して
小賣一升錢八十三文となれり。是に於いて町民等、騰貴の原因を奸商の買占に因るとなし
大に激昻したりし...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の貧民叫喚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで安政三年以降米價連りに騰貴し、四年の秋に至りて益甚だしかりき。これ一は同三
年中諸士の困窮を救濟せんが爲、銀札一萬貫を増發したる...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
元祿の凶歉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五穀登らざりしかば、農民は貢租を納るゝこと能はず、爲にその資財を賣りて之を償ふも
のあるに至り、米價亦騰貴して衣食を得る能はざるもの甚だ多かりき。是より先綱紀は、
七月六日を以て江戸に往きしが、金澤に留守せる...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
佐々主殿の貧窮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
綱紀の時に至り風俗奢侈に赴き、生活の程度自ら向上したると共に、物價隨つて騰貴した
るを以て、藩臣等多くは窮乏に陷り、武士としての品位を維持し能はざるものすらあり。
佐々主殿の如きは...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
治脩時代の借知と貧民の蜂起
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ば、獨諸士をして困窮に陷らしめたるのみならず、その影響する所庶民も亦市況の不振を
歎ずるに至り、偶物價騰貴して彼等の生活を脅威したりしかば、六年正月十六日城下堀川
の住民等多數集合し、石川郡粟崎村なる木屋藤右...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
借知と用銀徴發
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
とする者あり。是に於いて用銀の上納を要せざる下層の徒も、亦之に追隨して利潤を大な
らしめ、物價甚だしく騰貴して經濟界の紊亂その極に達せんとせり。然るに藩は叙上の手
段を以てするも尚府庫の窮乏を救ふに足らざりし...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
災後の賑恤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して菜色あらざらしめんことを要す。士人にして小祿なるものも、亦既に家政の逼迫せる
時に當り、忽ち物價の騰貴に遇ひたるを以て、宜しく詳かに事情を究めて之を救濟せざる
べからずと。次いで二十四日には臣僚に告げて普...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
參覲延期と復元御潤色
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に連歳凶荒相繼ぎ、公私多事にして支出百端、下民を賑恤すること意の如くならず。况や
前年以來米價甚だしく騰貴したるを以て余は之を救濟せんと欲し、且つその施設の先後に
よりて得失亦鮮からざるべきを思ひ、曩に臣僚を...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
細民の困窮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
これより先米穀の不作相續き、その價亦騰貴せしかば、安政五年七月十一日には金澤の細
民卯辰山に上りて、彼等が生活に堪へざることを絶叫し、十五日に...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
加賀藩の體度稍硬化す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て外寇を禦がば即ち勝算自らその中に在るにあらずや。思ふに開港以來夷狄連りに跋扈し
て國威揚らず、物價亦騰貴して民庶その害を被むること少からざるが故に、今や斷乎とし
て通商を拒絶するの要ありといへども、先に之を...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
沖太郎等の意趣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
爲に士氣をして懦弱に陷らしめたること、これその四なり。富國強兵の法を講ぜず、財用
を匱乏せしめ、物價の騰貴を招き、農民をして困窮の極離叛の心を生ぜしめたるもの、こ
れその五なりと數ふるも、一として具體的の事實...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
飢  饉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明治二年氣候順ならずして禾穀熟せず、貢租不納多く、儲穀亦缺乏して價格騰貴し、貧民
飢餓に陷るものありしかば、金澤藩は管内三州に令して酒造高を例年の三分の一に減ぜし
め、又米十九...
第五章 殖産製造 第七節 製織
散絹屋仕入問屋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛延三年九月小松了助町御座屋又兵衞といふ者、町奉行に請ひていふ。近年絲の生産不良
にして價格連りに騰貴し、絹屋にして絲を仕入るゝこと能はざるものあるが故に、絹の産
額隨ひて減少せり。且つ先年來絲の代銀は一...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
紙屋谷の製紙
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して保護の法を設け、且つ之を藩外に販賣することを嚴禁せり。蓋し自領の供給を豐なら
しむると共に、價格の騰貴を防遏せんが爲なりしなるべし。因にいふ、前に掲げたる二俣
村の御料紙由緒覺帳には、五郎兵衞が二俣に至り...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の實際流通
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
間敷候。』といへりとは、藤田安勝の微妙公夜話に記する所なり。蓋し利常の意、購買力
の増加に伴ひて物價の騰貴を來きんことを憂へたるものゝ如し。覺一、少分之賣買之儀は
、御分國一統、錢づかひに可レ仕事。一、銀子の...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
んとすとの風聞連りに傳へられしかば、町附足輕等は晝夜之に對する警戒を怠らざりき。
かくて翌六年春物價益騰貴し、人心恟々たりしに、四月十二日夜衆民蝟集して忽ち暴動の
形勢に變じ、戌刻より子刻に及ぶ間に、米商人森...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を限り預錢手形を停止す。これ頃日錢の相場漸く低落したりしを以てなり。然るに同年十
二月廿三日、錢相場復騰貴して融通圓滑を缺きしを以て、去年六月發行の預錢手形に増印
を加へて、廿六日以降通用するを命じ、更に十年...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安永の富豪強迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明和より安永に至る間の米價は、概ね一石銀四十目より四十四五匁を上下せしが、安永五
年末より物價の騰貴を見、六年正月十六日金澤堀川町の貧民等、石川郡粟崎村の富豪木屋
藤右衞門の家に至りて金錢を借用せんと強...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天明の米價暴騰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の拂米を買受けんとするものなく、爲に藩士は皆盆節季の仕拂を停止せり。次いで六年氣
候又順ならずして米價騰貴したりき。天明四年甲辰正月より米次第に拂底[常の直段大抵
一石に付、四十匁より四十五匁位]八十目・九十...