石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の歸國と救濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
樣子に御座候。其時分二御丸御作事最中にて候故、蓮池の上御殿へ被レ爲レ入、未御道中
御裝束の儘にて、前田駿河守(孝貞)御月番に候由、奧村丹波(直輝)御供にて罷歸、即
駿河守を誘引にて御前へ被レ爲レ召、飢饉に付御救...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
得て之を行ひ、加賀藩に在りても小松の梅林院・金澤の觀音院に於いて私かに主催せるを
初とし、明和元年前田駿河守孝昌が執政たりし時、石川郡の大野湊神社・金澤の神明神社
・鹿島郡の石動山天平寺等の僧徒尸祝が許可を得た...
第一章 制度法規 第一節 職制
八家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
時にこれあり。その後一たび中絶したりしが、元祿四年に至り、本多安房政長は安房守と
なり、前田佐渡孝貞は駿河守となり、次いで八年長九郎左衞門尚連は大隅守となれり。是
に於いて諸大夫三人を數へたりしが、幾くもなく政...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の臣僚に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
島備中守殿奧村河内守殿富田越後守殿近 藤 掃部殿神谷信濃守殿青山豐後守殿三輪志摩守
殿赤座土佐守殿小幡駿河守殿上坂又兵衞殿不 破 彦三殿寺西若狹守殿津田和泉守殿奧野紀
伊守殿奧村備後守殿奧村攝津守殿奧村周防守殿...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
藩臣の叙爵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
あるに及びて綱紀は本多政長を請ひて安房守たらしめ、前田孝貞を佐渡守たらしめき。孝
貞は後佐渡守を改めて駿河守と稱す。是の時老中牧野成貞は、幕府が漸を追ひて加賀藩の
諸大夫を四人に増加するの意あるを傳へたりき。綱...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
重教が銀札を發行したるは寳暦五年七月に在りき。當時政局に當る老臣は、本多安房守政
行・前田駿河守孝昌・長九郎左衞門善連・村井豐後守長堅・横山大膳隆達・奧村主水隆振
等なりしが、初め御算用場奉行前田源...
第六章 大聖寺藩治一斑
第十世利極
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に生まれ、幼名を鍛太郎といふ。十二年十一月初めて將軍家齊に謁し、天保二年十二月十
六日從五位下に叙し、駿河守に任ぜられ、八年二月十三日父の遺領を賜ひ、八月二十五日
從四位下に陞り、九年九月十二日大聖寺に卒す、年...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
大石寺派の禁止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明和七年十二月二十九日、加賀藩の老臣本多安房守政行・前田駿河守孝昌二人令を發して
、日蓮宗の中富士大石寺派の主張を信ずるを禁ず。是より先、藩は領國内大石寺派に屬す
る...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
丁銀・豆板銀の鑑定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
目之外、滯品於レ有レ之者、受二町奉行指圖一可二支配一者也。元緑八年二月廿九日出雲
壹岐左衞門九郎左衞門駿河守安房守本吉屋彌右衞門香林坊喜兵衞越前屋吉兵衞〔御定書〕