石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
駒井躋庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
駒井躋庵諱は定勝、初名源次。同心組柴田山藏の子なり。壯歳京都に勤學して醫を修め、
遂に留りて名を駒井躋庵と...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
上國の形勢一變す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に及び、屢京攝の間を往返して實否を探り、録して之を藩に告げたりき。尋いで京師に遊
學せる醫師小川幸三・駒井躋庵等亦陸續時事を報道する所ありしに、藩吏初めて輦下の騷
然たるに驚けりといふ。既にして久光は勅使大原...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
守衞の二人を許しゝが、同志は更に幸三を加へんことを請ひて又聽されき。三士入洛して
諸藩の志士と交遊し、駒井躋庵はその間に在りて周旋奔走を怠らず、而して源藏も亦藩の
聞番となりて京に留れり。是の時に當りて慶寧上...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ひたる不破富太郎・青木新三郎・大野木仲三郎は、長藩の士小島彌十郎[後椿孝之]と相
往來して國事を語り、駒井躋庵と淺野屋佐平とはその間に立ちて周旋せしかば、藩吏之を
偵知して幕府の譴を得んことを恐れ、窃かに三士...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
勘右衞門・行山康左衞門・福岡文平等國事に關して談論せしものは皆その家に錮せられ、
又吏を京都に遣はし、駒井躋庵を捕へ來らしめて獄に下し、江戸に在りし瀬尾餘一が變を
聞きて歸國したるをその家に謹愼せしめ、眞に一...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
左衞門給人]野口斧吉永牢[人持組大野木將人給人]高木守衞永牢金澤町人淺野屋佐平永
牢同心柴田喜太夫附籍駒井躋庵閉門青山將監附與力福岡文平公事場内禁錮儒者石黒圭三郎
公事場内禁錮[大小將組岡野判兵衞第三子]岡野...