石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
頼母子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
富突と共に、金銀融通の方法として行はれたるは頼母子なり。頼母子は寛永中既に行はれ
たるを見、同二年四月八日發布の法令に『頼母子銀向後無用之事。』とありて...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
賣女と頼母子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。是より後寛永中に入りては、城下の所々に遊女あり。好色の輩爲に金銀を濫費し、遊興
の資を得んが爲に天狗頼母子の法を案出したりき。是に於いて一攫千金の利を得るものあ
り。又は恒産を破りて盜賊に變ずるものあり。無頼...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
輕吏の態度
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を贈らざるべからず。既に許可を得たる時は、又極印の押捺を求むるが爲數日間その家に
宿泊せしめ、土産又は頼母子と稱して金品を與へざるべからざりき。是を以て農民は過大
の費用を要するに苦しみ、僅かに數株の木を伐る場...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
藩の財政状態と仕法調達銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
民皆奮つて賛助せざるべからずと。而も藩の所謂仕法調達銀なるものは、實は舊來行はれ
たる取除(トリノキ)頼母子に外ならず。且つその主催者は既に財政上の信用を失墜したる
藩の當局なるが故に、契約期限の滿了せざるに先...