石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
頭振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
農民の中高を有せず、請作又は稼を以て渡世するものあり、之を頭振(アタマフリ)と稱す
頭振も亦廣義の百姓なれども、この意味に於いて百姓と區別せらる。一時頭振を遊民と...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高面振替
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能登の奧郡に限り、百姓の高と人名とを頭振に交換することを許さる、之を高面振替とい
ふ。例へば百姓甲が高一石を所有する時、之を頭振乙に讓り、乙は...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るものと村高と一致せざるは、即ち鬮屑としたる惣地若干あるを以てなり。凡そ請作を爲
すものは、百姓たると頭振たるに拘らず、田地割の施行せられたる後改めて親作より之を
借り受けざるべからず。又頭振に在りては、全然...
第一章 制度法規 第三節 司法
闕所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人なるときは町方に下附す。又百姓なるときは家屋と農具とを居村に下附し、土地は改作
奉行之を處分するも、頭振は土地を有せざるが故に家のみを下附す。犯人の所有せる金銀
諸道具は、悉く公事場に沒收せらる。但し親懸り...
第一章 制度法規 第四節 租税
村萬雜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
者に歩合を以て課するものにして、例へば肝煎扶持米を高懸りに三の二家懸りに三の一と
し、村走りの給米は、頭振りより一戸二升當を出さしめ、その殘餘を高懸りに三のこ家懸
りに三の一の比例を以て割當するが如し。
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
植付見分及び草拂見分二度の申渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
もの共厚致二教諭一、改作不情我儘のもの有レ之候はゞ早速申斷れ。此外時々御扶持人等
より申渡趣、小百姓・頭振末々迄も麁略無レ之樣可二相守一旨常々申諭せ。勿論改作御法
之趣聊無二違失一相守れ。靜に退け。〔河合録〕...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
文政の改革令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村々肝煎・組合頭に申渡す惣年寄演述之覺(抄)今般思召被レ爲レ在、十村役被二指止一
、御領國百姓・頭振、御奉行所直御支配被二仰付一、是迄之御郡御奉行・御改作御奉行都
而御郡御奉行に被二仰付一、是迄之十村手...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
村肝煎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
收する肝煎扶持米による。肝煎扶持米は一時給米ともいひしが、安永四年より之を復舊せ
り。村肝煎の選任は、頭振を除きたる全村民の一致したる意見によりて申請し、改作所の
認可を經るを古法とせしが、寛文八年より同苗の...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
走り
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
走りとは使丁の義にして、名高持若しくは頭振中より一村一二名を選びて之に當て、肝煎
より公用を下達し、又は他村に用務あるとき使役す。走りは村方のみ...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
入百姓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
入百姓は、從來頭振たりしものゝ初めて高を得、或は他村より轉住し來りて高を得たるも
のをいふ。
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
子作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子作は親作に對する名稱にして、小百姓又は頭振にして多額の高を有する者より請作する
ものをいふ。俗に小作の文字を用ふ。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
持高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て、その中更に夫銀・打銀・村萬雜を支出し、殘額を手取作徳と稱す。百姓は持高を第一
の資産とするが故に、頭振は高持たらんとして努力し、小高持は高を増さんが爲に勵精す
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
取高 切高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
他人の賣却する高を購ひて己の持高とするを取高といひ、一に持添高又は取添高と稱する
ことあれども、頭振たる者の初めて高を得たる場合に在りては單に取高とのみ稱す。之に
反して、自己の持高たりしものを分割して...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高手作 卸作 請作 歩卸 餘米卸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を手作といひ、持高全部を手作すると、その幾部分を手作するとあり。後者にありては、
餘剩の高を小高持又は頭振に耕作せしむ。地主より見るときは之を卸作といひ、耕作人よ
りは請作と稱す。卸作を爲すには歩卸によるを本...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
夫食貸米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ち、高割又は人割の比例によりて貸附したりしが、これ將た民聞の實状に適せざるものあ
り。即ち小高持若くは頭振にして多くの請作を爲し、前年不作の影響を受くること甚だ大
なりし者も、決してその損害に相當する夫食米を...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の貧民叫喚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
動を默許すべきにあらずとなし、二十六日主謀者と認めたる卯辰の髮結床能美屋與兵衞・
同町の日稼河原市屋方頭振文左衞門・越中屋宇兵衞・原屋善兵衞及び春日町の日稼北市屋
市右衞門を捕へ、六年四月十三日之を刎首の上梟...