石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
預銀手形の相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
預銀手形の相場は正銀よりも稍廉にして、金一兩に對し預銀手形六十八匁を普通とせり。
然れどもその甚だしく低下せる...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形の繼續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに十一月に至るも、到底この銀仲預銀手形を回收して、正銀を仕拂ふの準備なかりし
かば、交換の爲に新手形を造りて之を發行したるのみならず、翌十年...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
銀仲預銀手形は、當初百目札のみなりしが、文政十年閏六月その一部を以て、十匁・五匁
・三匁・一匁の小割札を發行し、次...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
御算用場の預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かくて銀仲預銀手形の正貨に對する相場常に良好にして、恰も正銀同樣に通行せしが、嘉
永四年八月初めて銀仲淺野屋次郎兵衞の引...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の預手形を發行せしむべきことを布告するに至れり。銀仲は米仲買座に屬する金融業者に
して、この手形を銀仲預銀手形と稱す。手形の表面には銀百目預・御銀(オカネ)裁許升屋
次右衞門・酒屋宗左衞門と記され、通用期限を十一...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
預銀手形の外、別に預錢手形といふものあり。文政八年六月封内に錢貨尠くして融通の便
を缺きしを以て、金澤町會所に...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保四年以降封内に飢饉あり、七八年に至りて最も甚だしく、錢貨の相場漸く上昇して、
預銀手形百目に對し錢六貫文餘となる。依りて八年七月十八日預銀手形百目代錢十貫文の
定相場となし、小指(コザシ)...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
限地通用紙幣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上記の外加賀藩の領内各地に於いて、文政の末年より町奉行の許可を得て預銀手形を發行
せるものあり。その制、小松は表裏共に黄色、本吉は薄紅色、松任は萠黄色、七尾は白色
、鶴來は表黄裏...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
加賀藩發行の錢札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩が嘉永四年八月より銀仲預銀手形を御算用場取扱の銀札とせしこと前に言へる如く
なるが、明治元年政府は銀の通用を廢したるを以て、五月藩は...
第六章 經濟交通 第二節 物價
米穀の買占
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
占を行ふもの少かりき。これ貨幣の質量大にして、その運搬が他の注目を避くること能は
ざりしによる。然るに預銀手形の通用するに及びて、數十貫目の巨額も能く之を懷中に藏
することを得べく、買占に從事すること頗る容易とな...