石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
青地齊賢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
青地齊賢、初の諱は定理、字は伯孜、讓水又は兼山と號し、その亭を愛日と名づく。幼名
太郎助、既に長じて彌四郎と稱...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
豪奢寛濶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を理想とする士人の行爲として到底肯定し得べきにあらず。室鳩巣江戸に在りてこれを聞
き、その門下たる藩士青地齊賢に與へたる書中に、『何方も同事の風俗不レ堪二嘆息一候
』といへり。蓋し此の如きは、實に鳩巣の言の如く海...
第六章 大聖寺藩治一斑
利章の晩年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に在りしもの、固より種々の原因あるべしといへども、内には利章自ら政に倦み、當時加
賀藩より派遣せられし青地齊賢の手記に、利章が藩内を鑓・長刀を携へず、近習數輩兩刀
を帶せずして隨從し、將棋その他の遊藝に耽り、藩臣...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
性理學の祖述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
相半するを免れず、往々にして背き去る者あり。唯終始一貫之に服して渝らざりしもの、
奧村脩運・山根直廉・青地齊賢・青地禮幹等數人あるに過ぎず。此等は皆能く師の教を守
りて異端に移らざることを得たりと。既にして鳩巣の...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を以て、斯文をして絶大の光華を放たしめき。是に於いて奧村庸禮・奧村悳輝・古市務本
・今村正信・原元寅・青地齊賢・青地禮幹・奧村脩運・津田孟昭・葛卷昌興・小谷繼成・
淺加久敬等の藩士蔚然として學に興り、絃誦の聾日夜...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
羽黒成實
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て加賀に來寓せり。葢し室鳩巣と舊交ありしを以てなり。是に於いて從學するもの頗る多
かりしが、奧村脩運・青地齊賢・青地禮幹等その主たりき。執政村井親長亦重禮を以て之
に學び、その衣食を給す。元祿七年三月成實天道流行...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
室 直清
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
もの、雲集その數を知るべからず。當時加賀藩に在りて、門下の高足と稱せらるゝものに
奧村忠順・奧村脩運・青地齊賢・青地禮幹・小寺遵路・小谷繼成・山根敬心ありて、之を
室門の七才といへり。鳩巣經學の餘暇、文章詩賦亦卓...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
土橋辰眞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二夜光一立。正是金城八月天。是によりて聲價俄かに昻る。その胸襟を叩けば頗る經義に
精し。一時奧村脩運・青地齊賢等之に資給し、一草蘆を卯辰山下に結びて住せしむ。因り
て自ら山下散人と號す。鳩東之に素綿を送る詩あり。...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
雜學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若し夫れ室鳩巣を初とし、その門人青地齊賢・青地禮幹の如き、經學詩賦に秀逸なる人に
して、兼ねて國學に精通し、その筆に成れる國文にして、道義の指...