石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
若水 雜煮 寶船
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
正月元日、この日早起して若水を汲み、雜煮を調へ、屠蘇酒を飮み、家族互に歳始を祀す
雜煮の材料は、餠・昆布・松魚・芹・蕗の薹・芋頭等とし、箸は...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
將軍綱吉の臨邸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・仙溪院尼・松子飛騨守利直・松平長門守利興・前田釆女利昌もの奉り、綱紀父子より内
々の献り物あり。次に雜煮・吸物奉り、父子伴食す。御盃賜はるとき、綱紀に御刀・御さ
しぞへ引出物し給ふ。、綱紀よりも返盃のとき刀...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
五兵衞の俳句
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ら月清水正月四日御禮に出て雪に杖さして四方見る年賀かな弘化三年初鷄や更に世話なき
臺所萬代を腹一ぱいの雜煮かな風はよそ雨はしと〱杜若見歸りてあすとはいはじ夕櫻這の
ぼる巖たのしや苔清水七十又加レ七。依然舊日顏...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
元旦の膳部
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
元旦には藩侯直垂を着し、飾熨斗三方・雜煮・吸物を供せられたる後、二汁五菜の膳部に
對す。晝餐・晩餐亦之に同じといへども、汁は即ち庖丁の鶴を用ふ...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
賜餐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで年寄及び家老には松之間二之間に於いて、若年寄には別室に於いて吸物・雜煮・酒
を賜はり、終りて近習頭を以て庖丁の鶴を賜ふとの意を告げられ、年寄・家老・若年寄は
共に御居間書院二...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
射初 打初 乘初
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
射手裁許・異風裁許・馬奉行に麻上下一具宛とし、以下各差あり。次いで土地の間に於い
て、射手・異風の輩に雜煮・吸物・取肴・酒を賜ひ、乘馬の徒は賄席に於いて一汁三菜・
取肴・酒を、歩並の乘馬者には一汁二菜・煮物・...