石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
製する所を見、その高尚幽雅にして匹儔稀なるに心醉したるに因る。一日純藏木米に議る
に、その金澤に下りて陶窯を開かんことを以てす。木米曰く、製陶の事は原土良好にして
且つ豐富ならざれば不可なり。予曩に紀州侯の聘...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の人に本多貞吉といふものあり、頗る陶業に熟達せしが、故ありて郷里を出で、文化四年
木米に隨ひて春日山の陶窯に來り、八年更に移りて若杉村に赴き、八兵衞の家に寓して近
郷花坂村字六兵衞山に磁石を發見せり。因りて八...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
大樋雜工
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
弟中卓越したる技量を有するものに加登屋政吉・加登屋吉右衞門・安江屋五十八あり。皆
獨立して春日山の麓に陶窯を設け、廚房の日用品を製して各地に輸出せしが、天保・嘉永
の頃は尚宗家と協調連絡するを忘れざりき。然る...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀の陶磁器
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於ける陶磁器の沿革は、その關係する所極めて廣汎にして、最も主なる陶窯のみ
に就いて言ふも、江沼郡の古九谷窯・吉田屋窯・永樂窯、能美郡の若杉窯・小野窯・蓮大
寺窯、金澤の春日...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷燒の發祥地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村二氏の遺跡各所に存在せり。陶器顏料を採りたる古跡には、呉洲穴又は赤巖と名づくる
所あり。又瀧の上に、陶窯の通路に燒附坂と唱ふる所あり。瞼山に坂を造り、陶器藥を塗
り之を燒附、以て運搬の便を開きたり。今尚緑苔...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷創始期の推定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
とすべく、實は前田利治の就封せる後、恐らくは慶安の頃より起れるものなるが如し。飛
鳥井清の著したる九谷陶窯沿革誌も、亦こゝに見る所ありたるが如く、慶安年中大聖寺藩
主第一代前田利治の時にこの磁器の創成せられた...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
後藤才次郎の製陶傳習説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
器考附録は彼が對馬に赴けることをいひ、同四年の本朝陶器攷證には高麗に行くとし、明
治十年飛鳥井清の九谷陶窯沿革誌には唐津に赴けりとの説を採り、次いで十八年農商務省
出版陶工傳統誌には之を有田なりとし、二十八年...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ありて、後世に模造せられたるものゝ如く剥裂を見ることなし。古九谷燒の陶銘は、作家
の名を署し、若しくは陶窯の名を記することなく、全然無銘なるもの、又は角形・二重角
形の中に福字又は之に類せる文字を青華又は黒に...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷窯廢滅以後
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りて熟練せる職工の他の工業に轉じ、若しくは歸農したりしとは思はれず。必ずや單獨に
又は協同して小規模の陶窯を設け、需要の多量なる日用品の製作によりて糊口の資を得た
りと考ふるは、世態の極めて當然なるものにあら...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吸坂燒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十一歳を以て歿したるが故に、加賀光悦の製作も亦寛永以前に在りとすべく、是に因りて
古九谷窯以前、加賀に陶窯ありたるを證すべし。これ所謂吸坂燒なるものにあらざるかと
いへり。然るに之に反するものは、吸坂燒を以て...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
け、薪廠・土納屋是が南に連り、又水干場あり、事務所あり。この一帶風光明媚にして亦
形勝の地なりと。當時陶窯の傍に風火仙の祠を建てんと欲して、文を富田景周に囑したり
しが、文既に成りて碑は遂に成らざりき。箕柳祠...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
彫の技を以て名を知られたる武田秀平の創始したる所とす。之を民山窯といふは、秀平の
別號より採れるなり。陶窯の所在は亦春日山にして、自邸にも錦窯と四間に八間の工場あ
りしこと、彼の孫武田信秀が加藤松塢に復したる...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
任田屋徳次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
頃に於ける金澤陶畫工の錚佼としてその製今尚玩賞せらる。慶應三年加賀藩が城東卯辰山
を開拓するや、山上に陶窯を置き徳次をして督せしめしが、後廢藩に及びて徳次之を自營
し、向山燒と稱して作品を發賣せり。その鬼ノ手...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の製陶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
要を充たし、若しくは藩外に輸出して商利を博するの目的に出でざりしが爲なるが如し。
然るに能美郡に起れる陶窯に在りては、その地城下を去ること遠く、從つて武士階級の需
要甚だ鮮きを以て、その製産する陶磁に在りても...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯開創に關する誤傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前記若杉窯の開創に關しては、能美郡陶窯沿革に、安永八年林八兵衞が貞吉を雇傭したる
より起り、平助も亦來りて業を助けたりと記せり。然りといへど...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
小野窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
門の子六右衞門之を襲ぎ、而して初代六右衞門は明治五年八十三歳を以て歿せり。明治の
初年以降小野村附近に陶窯の連りに勃興せしもの、實に六右衞門の業に倣ひたるに因り、
一時能美郡陶磁界の中堅として産額最も多きに上...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
蓮代寺窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小野窯と時を同じくして、能美郡蓮代寺村に一陶窯の起るものあり。この窯は、天保中粟
生屋源右衞門の經營に依り、交趾風の堅硬なる白磁及び土交りにして暗灰...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷庄三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にして、後に陶畫界必須の材料となる。十一年越中婦負郡松山村の農甚右衞門といふもの
、富山侯の命を奉じて陶窯を開き、庄三を聘して著畫を督せしむ。爲樂窯といふもの是な
り。十二年庄三家に歸り專ら著畫を業とせしも、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門の召還
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋窯の初めて開かれし地は九谷村なり。これ傳右衞門等が古九谷の遺址を求めて陶窯
を起さんと欲したるに因り、吉田屋の文書によれば彼が初めて資を投ぜるは文政六年九月
に在り。然るに十一月...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋窯の開創と移轉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山間の僻陬にして、道路瞼惡運搬の不便甚だしきのみならず、積雪暮春の候に及ぶものあ
るを以て、九年に至り陶窯を山代の越中谷に移し、九谷の磁石と吸坂の陶土とを探り、所
謂二歩性の石燒を造る。その初竈の燒成は同年八...