石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
在來派の第三に陀羅尼系あり。本系の古刀紀に就いては明確を缺くものあるも、諸家の由
緒書に據れば橋爪系の分派なるが如く、その家...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ては鍛壇の形勢頗る落莫蕭條たるものありしが、慶長に入り藩侯前田利長が當國に居住せ
る藤島系の清光または陀羅尼系の勝家・家重等を起用すると共に、當時恰も美濃より移壇
したる兼若・兼卷等を保護奬勵するに及び、俄然とし...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の全盛期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に至れり。今寛永時代に於ける主なる刀工を擧げんに、在來派に在りては藤島系に屬する
清光・友重・信友等、陀羅尼系に屬する家重・家忠・光國等、美濃派に在りては辻村一族
に屬する越中守高平・景平・有平・又助兼若・清平等...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
享保の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
す。之を要するに關系には既に炭宮氏を失ひ、兼若派と兼卷派とは蓑滅の前期に屬し、兼
久派は當時停壇し、獨陀羅尼系と清光系とのみ永く統を垂れしものにして、之を寛永・寛
文期に比すれば人員も半減し、業態の不振も前記答申...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
勝國
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
といひ、三代家重が寛文元年伊豫大掾を受領して橘勝國と改めたるものなること前に言へ
るが如し。この勝國は陀羅尼系中隨一の名工にして、その得意とする三本杉の刄文は孫六
兼元に類似するを以て、古來奸商の爲に磨上げられ又...