石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
金平金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、山下に不動尊を祀りたるが故に不動山とも名づく。採鑛のことの明らかに之を知り得べ
きは、澤村の人源次の開坑せし時にあり。源次は石黒氏、寶暦四年十月父の後を受けて十
村に任ぜらる。是より源次は藩の鴻恩に報ぜんと...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
寶達金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
たるは、素より上世に初りしなるべしといへども、之を文献に徴して明らかにし得べきは
、天正十二年寶達山に開坑せるに起る。その後同山の鑛況一時非常の隆盛に赴き、鑛鋪凡
べて十二ヶ所に及びしかば、諸國より集り來れる...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
白山金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
稀に至る所なり。老耄獨語にいふ、永祿四年周防の人山口三之輔といふ者、尾添村の勘助
及び瀬戸村の長太夫と開坑採金を謀りしが、八年五月地震の爲に崩れ、長太夫及び役夫十
餘人壓死し、今絶壁となると。
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
金平銅山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金平銅山は天明三年澤村の源次が、金平の地内字赤芽に於いて發見開坑せし所なるも、遂
に良鑛脈を得ざりしかば、同四年より休山とせり。次いで文政三年藩は之を再興せしが、
安政...