石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
征長の議と加賀藩の反對
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より先長藩に在りては、各地勤王黛の失敗せるもの來り集り、薩藩等の公武一和論を排
斥して勢力を挽回せんことを謀りし...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧長藩の爲に尚斡旋す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
京師に在りては、七月一日所司代松平越中守定敬加賀藩の邸吏を召し、長藩の士等嵯峨の
天龍寺・嵐山の法輪寺等に據り形勢頗る不穩なるを以て、四條通紙屋川を警戒する青山因
幡守忠敏...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
長藩の出京と加賀藩との交渉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六月二十四日長藩は毛利慶親父子の赦免を請ふを名とし、福原越後等に大兵を率ゐて大坂
に屯せしめしに、幕府は長藩の擧測るべ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
奧村榮通の反對
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るを以て快々として樂しまず、宿痾爲に頗る重きを加へたりき。老臣奧村伊豫守榮通慶寧
に謂つて曰く、世子の長藩の爲に斡旋せしこと既に至らざるなし。思ふに長藩過激の徒、
之を懇諭するも必ず命に從はざるべし。如かず斷...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の杉澤文納人面の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を援けたりき。この夜、參謀又小川隊に令して赤坂口に出兵せしめき。二十六日曉天小川
隊は赤坂に達せしに、長藩の隊長堀鑚太郎來りて、赤坂口を松代藩に委し、長藩の半隊と
小川隊とは相協力して杉澤口の敵を撃退せんと議...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
長藩の入京禁止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして長藩は、幕府が優柔にして攘夷を斷行せざるを以て、親征の典を擧げ給はんこと
を朝廷に請ひしに、天皇は先づ大利...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
禁闕發炮の變
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十七日在京の諸侯皆參朝して長藩の處分を議せしが、慶寧は病んで會せざりき。この日朝
議遂に長藩撃攘の命を下しゝかば、長藩は十九日拂曉を...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
不破富太郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
といへども、區々一身一家の安危を顧慮するは我が屑しとせざる所なりと。元治の變に富
太郎同志の領袖として長藩との提携を謀り、爲に罪を獲て十月十八日死に處せられき。年
四十二。前夜預り人前田監物特に置酒して慰藉す...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、諸藩の志士傳へ聞きて亦頗る望を屬せり。この時慶寧に隨ひたる不破富太郎・青木新三
郎・大野木仲三郎は、長藩の士小島彌十郎[後椿孝之]と相往來して國事を語り、駒井躋
庵と淺野屋佐平とはその間に立ちて周旋せしかば...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の退京提議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より先長藩はその請ふ所許されざるを以て、將に兵を動かして趣旨の徹底を謀らんと企
てしかば、不破富太郎・大野木仲三...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
大野木仲三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
するを得んやと。是より毎歳新嘗の夜は端座して寢に就かざるを例とせり。元治元年叔父
源藏に從ひて上洛し、長藩の爲に斡旋する所あり。後藩に歸りて八月十四日その家に錮せ
られ、尋いで玉井氏の邸に移され、十月十九日切...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
駒井躋庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
爲せるを稱せり。躋庵大に喜び、爾後屢京師の事情を報じ、或は藩士を紹介して志士と交
を結ばしむ。同年八月長藩入京を禁ぜられて薩・會の勢力を得るや、躋庵乃ち四方に奔走
し、諸藩の議論を偵知して長藩に内通し、誓ひて...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
長藩の再擧兵と齊泰の長州再征反對
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前述の如く幕軍は一たび凱旋したりしが、幾くもなく長藩はその態度を變じ、急に抵抗の
形勢を示しゝを以て、幕府は再征の令を發するの止むを得ざるに至れり。是より...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
征長反對第二次建白
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
たりき。曰く、去年朝廷の更めて兵馬の權を幕府に委任し給ひし時、將軍條奏して上旨を
承けたりしが、その中長藩の事に就きては、將軍必ず輿論を採り公議を盡くし、決を朝廷
に仰ぎたる後始めて着手すべしといへり。而して...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
齊泰の豹變せる理由
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
らず、幕吏の浪士を罰したる體度も亦全く常軌を逸したるを見、この幕府と諸侯との弱兵
羸卒が、士氣欝勃たる長藩と干戈を交ふるの日に於いて、如何なる結果に歸着すべきかは
略之を逆睹し得べかりしに依るなり。而も齊泰の...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
信濃川砂洲の苦戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
快晴、昧爽より戰状最も活況を呈せしが、炮司西坂丙四郎以下死傷多く、士氣甚だ沮喪し
たりき。この日午下、長藩の報國隊は小川隊に知照し、下流なる槇下より小舟四隻に分乘
して對岸中島に向かはんとせしに、中島及び寺島...
第六章 大聖寺藩治一斑
元治事變の影響
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七月十九日長藩の士京師を侵し、禁闕を守衞せる薩會諸藩の兵と戰ひしに、この日加賀藩
の世子慶寧は急に兵を率ゐて大津に退...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
加賀藩と幕吏との交渉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
初め長藩士の大坂に集合するや、幕府は加賀藩をして伏見の警衞に從はしめんとせしに、
加賀藩の之を辭したること前に...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧大津に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
これより先慶寧は、長藩匡救の事遂に成らず、危機目睫の間に迫りしを以て、豫定の計畫
に從ひ、七月十八日京師を發せんと欲したりし...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の善後策
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
八月朔日齊泰は書を關白二條齊敬に上りて藩の體度を明らかにせり。曰く、前月十九日
の徒干戈を輦下に動かしたりとの報、二十二日を以て藩に至れり。齊泰恐懼直に禁闕に
赴かんと欲せりといへど...