石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
歿せるもの百名を超えたり。その交名は左の如し。津田玄蕃家臣松枝十之丞福直四十二歳
司令役七月廿五日越後長岡にて戰死石田縫右衞門保全三十九歳司令役同安田周藏信之十
四 歳戰士同山下鐵之助末春三十三歳戰士同宮村...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
官軍復長岡を陷る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の命によりて下山村に移りしに、夜に入りて敵大島方面に發炮せしを以て、我も亦之に應
戰せり。二十八日夜、長岡の敵篝火を焚くこと前日に十倍し、螺を吹き太鼓・銅鑼を鳴ら
して喧騷を極め、又盛に炮撃して虚勢を張りしが...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊長岡に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
九日朝八ツ半時、報國隊將に河を渡らんとしたるを以て、小川隊は盛に牽制射撃を爲しゝ
が、六ツ半時に至りて長岡城の北方に兵燹の起るを見たりき。これ報國隊が既に渡河を終
りたるを報ぜるものにして、その火勢漸く熾なら...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
長岡城の秩序回復
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五月二十日午刻妙見口の鋸山に戰鬪起る。この時喜多村に在りし小川隊は、報を得て長岡
に入らんと欲し大島に至りしが、信濃川の汎濫により舟楫を通ずる能はざりしを以て、日
暮兵を率ゐて本營に歸...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
津田玄蕃隊長岡に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是に於いて津田玄蕃隊は、七月三日附屬大炮と共に高岡を發し、十六日長岡に至り徳性寺
に宿せり。當時長岡は官軍の占領する所たりしを以て、津田隊は諸口防禦の任に當りしが
、十九日...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の長岡城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
村傳右衞門の家に設け、十五日大島村の託善寺に出張し、歩哨を置きて信濃川沿岸の警戒
に當らしめ、將に大に長岡城を攻撃せんとせり。十六日朝三好參謀託善寺の營に來り、告
げて曰く、信濃川の河床に沙洲あり、長さ三十間...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の森立峠の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を窺はしめ、嶺上の土壘に據りて警戒を嚴にし、以て六日及び七日を經過せり。八日栃尾
の敵は森立峠を屠りて長岡城を回復せんと欲し、夜八ツ時長岡藩の四小隊は一ノ貝本道を
進みて輕井澤の東西に展開し、會津の一小隊及び...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
青地隊の陣ヶ嶺守備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
津田十之進隊の斥候も來り會し五ツ時目的を達して歸營す。次いで二十四日夜九ツ時森立
峠に在りては、遙かに長岡城下に火災を生じ、栃尾・城山附近に屯せし敵の筒場・浦瀬に
向かひて進撃せんとするの状を認めしが、黎明に...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
今枝隊の出兵と十二潟村の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
受け、手兵を率ゐて越中泊驛に在りしが、六月二十九日更に越後に進軍を命ぜられ、七月
五日泊を發し、十五日長岡に着し、次いで本營の指揮により十二潟村の戰線に進み、田邊
仙三郎の隊に交代せり。之より後附屬炮隊を中央...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
青地隊の轉戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
藏金に在りし青地隊は、七月二十九日未明花立峠に移り、長藩干城隊の半隊と協同守備せ
しに、妙見口の官軍が長岡に向かひて進撃するものゝ如く、所々の村落に盛に火災の起る
を見たりき。是に於いて青地隊は、大斥候一分隊...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の目附守備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五月二十二日小川隊の全員を長岡に入るべき命を得たりしを以て、二十三日同地に着せし
に、參謀は更にその半隊を割きて目附を守備せしめき。...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
敵兵の長岡潛入と津田隊の背進
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に數卒を今井隊に應援せしめんことを求め、津田隊は之に從ひたりき。然るに暫くして炮
聲の殷々たるを聞き、長岡市中に火を失せしかば、參謀は急に全軍を大手門の本營前に集
合し、斥候を放ちて警邏せしめしが、この時敵兵...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
今枝隊の今町占領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
今枝隊の槇下に上陸せし時は、長岡城が既に敵の爲に恢復せられたる後に在りき。是を以
て今枝隊は、先づ關原村の本營に至りて指揮を受け、急行...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
鷄群の一鶴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五日利家印藤兵衞(三輪)殿久兵衞(大井)殿〔三輪文書〕○或時蒲生飛騨(氏郷)殿に
て、肥前(利長)殿・長岡越中殿・上田主水殿・戸田武藏殿、其外二三人御參會候而、其
比此衆參著の時に雁汁を喰可レ申由にて、人まぜ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
長藩の入京禁止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
下頗る騷然たりき。因りて朝廷は事變の生ぜんことを慮り、諸藩の兵を召して警戒に當ら
しめしに、加賀藩の隊長岡田隼人は部下を率ゐて禁闕に宿衞し、二十四日京師の戒嚴を解
かるゝに及びて藩邸に歸れり。
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩の軍費調達
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
事。五月(明治元年)〔前田家記〕○前田中納言(齊泰)去月十五日江戸上野山屯集之賊
徒勦殲、同十九日越後長岡城陷落、双方捷報相達候と雖も、猶東北各國殘賊跳梁致候趣宸
襟を不レ被レ爲レ安候に付ては、兼而被二仰出一...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の赤田北野進軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せしものなりしことを知り得たり。この夜小川隊は、妙法寺の村端に近き北野村の廣徳寺
に宿陣せしが、その地長岡の本道に當るを以て、終夜妙法寺を距ること約十五町なる妙法
寺峠に篝火を焚き、兵を配置して警戒を嚴にせり...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
齋藤隊等の出雲崎久田村の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
齋藤隊は曩に長岡の攻撃に參加したる後、大島より柏崎に移りしが、六月二日更に出雲崎
に轉ぜしに、海岸の敵は山田村に、山地...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
津田玄蕃隊の進發
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の統率する手兵は、五月進みて高岡に滯陣せしが、幾くもなく越後路の形勢頗る逼迫せる
を以て、六月二十九日長岡に増派せらるべき命を得、之と同時に玄蕃は加賀藩出兵の惣司
たるべき重任を擔へり。其方儀、爲二手當一高岡...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
村松藩士の投降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
田村に在りしが、山口小司の所在不明なりしを以て、半司宮崎豐之助をして搜索せしめし
に、途次成願寺村にて長岡藩の銃隊足輕を捕へ、又長倉村に於いて新發田藩兵と大炮一門
とを獲たり。既にして瀧谷村の大屋分司は青地隊...