石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の長岡城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
村傳右衞門の家に設け、十五日大島村の託善寺に出張し、歩哨を置きて信濃川沿岸の警戒
に當らしめ、將に大に長岡城を攻撃せんとせり。十六日朝三好參謀託善寺の營に來り、告
げて曰く、信濃川の河床に沙洲あり、長さ三十間高...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊長岡に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
九日朝八ツ半時、報國隊將に河を渡らんとしたるを以て、小川隊は盛に牽制射撃を爲しゝ
が、六ツ半時に至りて長岡城の北方に兵燹の起るを見たりき。これ報國隊が既に渡河を終
りたるを報ぜるものにして、その火勢漸く熾ならん...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
長岡城の秩序回復
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
め、又大島に在りし齋藤隊は參謀の命により柏崎に轉じたるを以て、小川隊の一分隊を大
島に派遣せり。この日長岡城は、薩長・高田及び加賀藩の兵力によりて全くその秩序を回
復し、市民の戰禍を避けたるもの漸く歸り來りて、...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
青地隊の陣ヶ嶺守備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
津田十之進隊の斥候も來り會し五ツ時目的を達して歸營す。次いで二十四日夜九ツ時森立
峠に在りては、遙かに長岡城下に火災を生じ、栃尾・城山附近に屯せし敵の筒場・浦瀬に
向かひて進撃せんとするの状を認めしが、黎明に及...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩の軍費調達
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
事。五月(明治元年)〔前田家記〕○前田中納言(齊泰)去月十五日江戸上野山屯集之賊
徒勦殲、同十九日越後長岡城陷落、双方捷報相達候と雖も、猶東北各國殘賊跳梁致候趣宸
襟を不レ被レ爲レ安候に付ては、兼而被二仰出一候...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の森立峠の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を窺はしめ、嶺上の土壘に據りて警戒を嚴にし、以て六日及び七日を經過せり。八日栃尾
の敵は森立峠を屠りて長岡城を回復せんと欲し、夜八ツ時長岡藩の四小隊は一ノ貝本道を
進みて輕井澤の東西に展開し、會津の一小隊及び村...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
官軍復長岡を陷る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
致二放火一烈敷及二攻撃一候節、堅固に敵を防、二十五日一先信濃川を越令二對陣一、同
二十九日察二機會一再長岡城下え撃入、城を乘取賊を被二追退一候段令二承知一、諸藩出
勢之眼前において被レ顯二殿魁之功一、偏依二其方...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
今枝隊の今町占領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
今枝隊の槇下に上陸せし時は、長岡城が既に敵の爲に恢復せられたる後に在りき。是を以
て今枝隊は、先づ關原村の本營に至りて指揮を受け、急行し...