石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
平井氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その家系は家元・家長・家永・家次・伊永等相繼ぎたりしが如し。されば鹿島郡餘喜村酒
井永光寺なる五老峰の鐘銘には『萬治元龍集素秋如意珠日、冶工加州泉野住平井但馬守藤
原朝臣家長』とせられ、金澤野田寺町立像寺の鐘...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
田村權左右衞門と後藤才次郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
合仁左衞門尉藤原朝臣忠明、加賀國住藤原朝臣後藤才次郎雕レ之者也定次花押』と記し、
之に比隣する本善寺の鐘銘には、『寛永十八壬午暮玄英良日、越前國吉田郡芝原村窪金屋
與三兵衞有原朝臣正重、施主十方旦那、加賀江沼...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
兼六園
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
然るに世人その法に慣れず、却りて之を不便とせしを以て、齊廣の卒後七年十二月二十八
日之を廢せり。竹澤洪鐘銘粤稽二古刻漏一。肇二軒轅氏一而宣二夏商一云。周禮有二挈壺
之制一。並悠邈措而不レ鑿焉。盖本朝時鐘之彰。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
空照
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
裏書に見ゆ。元和五年利常地を金澤小立野に賜ひて波著寺を轉ぜしむ。同年六月空照利常
の命を奉じて白山寺の鐘銘を作る。加州白山大神宮者。本地觀音圓通菩薩。而出二現天神
第七之宗庿伊弉冉尊一。尊者天照大神之母君也。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
奧村悳輝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
呈二几右一。昨日登龍高會盛。新涼雨後愜二詩門一。主人別有二蘭蓮美一。馨徳清風近二
水軒一。萬松山永福寺鐘銘永福之寺。高松之名。林樹蔭茂。山岳崢嶸。法筵既盛。鳬鐘新
成。百八聲裡。鍠鍠夢驚。二六時中。點點心清。...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
村山氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五年に歿せり。五代正久は三代正久の子なり。幼名を奧次郎といひ、後に四郎兵衞と改む
。金澤新竪町名願寺の鐘銘に『寛政八年丙辰十月二十一日冶工村山若狹守正久』とあるは
即ち是にして、同九年には金澤城鶴の丸の鐘を鑄...