石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
長藩の出京と加賀藩との交渉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
論之儀、若不法之徒有レ之、京地え亂入暴發之所業於レ有レ之而者、承付次第御差圖不二
相待一早々人數指出、鎭靜方可二申付一心得に御座候。此段申上置候。以上。松平筑前守
内六月(元治元年)恒川新左衞門〔本藩歴譜書繼...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の罹病と家康の訪問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て之を利家に愬へ、又毛利輝元の邸に會して膺懲の師を起さんと議せしが、家康の過を謝
するに及び、事一たび鎭靜に歸せり。而もこの後流言屢起り、人々恟々たるものありしか
ば、細川忠興は之を憂へて、密かに利長に説く所...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
くは憂國の徒にして正義を重んじ、未だ曾て無辜を害せしを聞かず。將軍にして尊王攘夷
の實績を擧げなば自ら鎭靜すべきなり。且つ方今の急務は先づ横濱を鎖すに在りといへど
も、若し之が爲に賠償を外夷に與ふるが如きこと...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍出征と長藩の歸順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して恭順の意を表したりしを以て、征討軍の撤退を命ぜられたるなりき。長大隅守毛利大
膳父子服罪に付、國内鎭靜之体爲二見屆一候處異儀無レ之候。依討手之面々陣拂可レ致候
。元治元年十二月二十七日尾張前大納言(松平慶...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
降人の敦賀移送
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
傭の雜役を加へざりしなるべし。その他浪士等は乘馬五十二疋・駄馬四十疋を有せり。是
より先慶喜は、事既に鎭靜に歸したるを以て二十四日海津を發し、幕府の大小監察も亦二
十七日皆歸京し、南越の黄塵全く跡を收む。今度...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
齊泰の在京任務終る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しかば、齊泰は藩士をして七條より東寺に至る間を警衞せしめ、又自ら途上に奉迎せり。
かくて京師の物情頗る鎭靜に歸したるを以て、五月二十二日朝廷は加賀藩の市街巡邏を罷
めしめ、二十七日又大宮御所・桂御所・今出川門...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
一喝爭議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
僧の強辯なる者を集め、聖經を繙き祖師の言を引き、以て應戰の準備に忙殺せられたり。
後時日を經て騷擾自ら鎭靜す。而して蘘に千岳と玄文との往復したる書は、好事者傳寫し
て一時玩賞せり。
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、七月七日を以て本月二十五日以降銀札の通用を停止すべきことを豫告し、次いで之を實
行したるに、人心漸く鎭靜して物價亦低落せり。而してこの際藩は銀札を回收するに要す
る資銀を有せざりしを以て、藩士俸祿の一部分を...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安永の富豪強迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の數を加へたりき。是に於いて藩は盜賊改方の吏長屋多七郎を派して警戒せしめしかば、
同月下旬に至りて漸く鎭靜に歸せり。但しこの時の米價幾何なりしやは明らかならず。