石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧の閣老に呈せる建白
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
上洛、公武御一和、天下之大幸無二此上一儀と難レ有次第奉レ存候。然上者一向に先達而
勅答被二仰上一候通、鎖港之御所置急務と奉レ存候。今度勅命之御文中、無謀之攘夷者有
レ之間敷旨被二仰出一候者、幾重にも攘夷之道に...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧の齊泰に致せる稟議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
候間、先暫寛宥之御取扱に被二成置一、公武御一和益御實意に御整被レ遊候はゞ、恐懼服
從可レ仕と奉レ存候。鎖港之儀、横濱は全部御閉、長崎・箱舘之儀者策略に而先此儘御居
置被レ遊と申御建白、尤に被レ爲二聞食一、其御...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を助けたりき。是に因りて慶寧の志益堅く、六月五日遂に自ら閣老水野和泉守忠精に至り
て建白書を呈し、以て鎖港の決行を幕吏に促せり。その書に曰く、頃者處士横議し、往々
天下の法憲を犯し、敢へて殺戮を擅にするが如き...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
征長の議と加賀藩の反對
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
夫を愛惜せず、兄弟互に牆に鬩がしめば、何の餘力ありてか外敵を禦がんや。某以爲く、
幕府今日の急務は專ら鎖港の事に從ふに在り。鎖港にして若し成らば、天下誰か幕府に心
服せざるものあるべき。故に曰く、長藩は姑くこ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の幕府へ建白書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に乘じ、東西に蜂起仕間敷にあらず、浪士潛伏之機一時に發し、竟に天下之亂と相成可レ
申候。然るに舊冬横濱鎖港之使節御指立に而出帆仕候樣に承り候へ共、如何樣之模樣に御
座候哉。定而容易に承服も仕間敷、若承服不レ仕...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
攘夷説と和親説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
米艦來航の事ありしより後、藩論頗る囂々として沸騰したりしが、その多くは鎖港攘夷を
主張するものにして、書を著し文を作りて慷慨せり。狩谷金作竹鞆は即ち其の一人なりし
が、彼は駁蘭長...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
加賀藩の體度稍硬化す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
余以爲く、宜しく先づ誠意を披攊して彼に告ぐるに、通商の開始以來國力疲憊し下民心服
せず、爲に已むを得ず鎖港せざるべからざるに至りし事情を以てすべく、而も彼にして尚
通商を求めて止まざらば、則ち從來我が國の支那...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
五兵衞と外國貿易
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
らず、河北潟の開拓を試みたるが爲にもあらず、况や又彼が無辜の人にして獄死せるが爲
にもあらずして、幕末鎖港の時に當り夙に外國と交通貿易せざるべからざる必要を知り、
禁令を破りて之を敢行し、以て開國の先導者たり...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
千秋順之助
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
今一應申上候。元來五月下旬筑前守(慶寧)樣御建白の儀は、中納言(齊泰)樣より既に
御建白も有レ之候通、鎖港攘夷の御實行相顯れ、並長州御父子御赦免の御取扱、浪士の取
靜方を本文と被レ遊候事。其後六月五日會津・彦...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
加藤 恒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古考レ今益二庶民一。維歳戊寅迎二鸞駕一。從車如レ雲響轔轔。雍和王化洽邊境一。兼六之
名天下振。憶起皕載鎖港策。一朝禁弛今異レ昔。余亦往年遊二泰西一。普都佛京連二阡陌
一。大園小園處處開。盆山盆池配二泉石一。士...