石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
英米船の來航と加賀藩の艦船
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
艦船は是より前文久二年に發機丸あり。慶應元年に李白里丸・有明丸あり。同年發機丸の
機關を上海に改造して錫懷丸と稱す。而して駿相丸の後にありては、同年に起業丸、翌明
治元年に猶龍丸を得て、合計六隻に及べり。發機丸...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩の軍費調達
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
枚を本營に致し、その他藩有の汽船豐島形も官軍の徴發する所となれり。豐島形とは李白
里丸をいふなるべし。錫懷丸も同じく徴せられしが、艦の毀損せるを以て之を辭せり。前
田加賀守(慶寧)越後表出張之官軍入費として、此...
第三章 學事宗教 第一節 學校
鉤深館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
岩次郎(後改世愼)・河越良輔(初内山震太郎又は角良輔)と共に教授の任に當らしめ、
同時に汽船發機丸(後錫懷丸)を購入して實地の航海を練習せしむることゝせり。次いで
慶應元年十月前田齊泰は汽船一隻を購ひ名けて李百...