石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保四年以降封内に飢饉あり、七八年に至りて最も甚だしく、錢貨の相場漸く上昇して、
預銀手形百目に對し錢六貫文餘となる。依りて八年七月十八日預銀手形百目代錢十貫文の...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
錢貨に關しては、慶長十三年幕府より在來の永樂錢の通用を停止し、金銀貨幣以外は鐚錢
(ビタセン)を通用すべき...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の實際流通
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かくの如く加賀藩は錢貨に關して屢布達する所ありしといへども、こは單に幕府の意を禀
けて之を下達したるに止り、事實に於いては封...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金銀錢貨の交換比例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金貨・銀貨及び錢貨の公定交換比例は、寛文七年幕府發行の金銀貨が充實したりし後は、
金一兩を銀六十四匁とし、金一分を銀十六...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
私鑄の錢貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩私鑄の錢貨は越中の増山鑛山に於いて造りたりといふ加越能三百通用・加越能五百
通用及び加越能七百通用の文字ある青銅...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
灰吹銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
用したる極印銀に交へて之を通用せしめき。灰吹銀は俗にこまがねと稱し、又きりかねと
もいへり。この銀は、錢貨を用ふべき少額の取引に用ひたるものにして、當時藩内に錢貨
甚しく缺乏したるを以て、之に代用したりしなり...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の一緡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
錢貨の通用に就いては、諸藩多く九十六文を緡に貫きて、百文に通用したりしが、加賀藩
に在りてはこの法によらず...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
預銀手形の相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
下せる場合にありては、天保三年七月の如く、預銀手形八十三匁を以て金一兩と交換せし
ことあり。預銀手形の錢貨に對する比例も、亦金貨の錢貨に對する比例と必ずしも一致す
ることなし。即ち金一兩は錢四貫文なるが故に、...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
物々交換
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
價を米にて定めたるなり。湯淺祗庸の手記に、金澤石浦町に紙屋九右衞門と稱する老舖あ
りしが、その家に往昔錢貨なかりし頃、酒代の米を請取る爲に用ひたりとて、柄の付きた
る小升を寛政末年まで所藏せりといへるも、亦傍...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して起り、贋札多く行はれ、正貨忽ち市場より姿を隱し、銀札一匁につき錢六十四文の相
場を以てしては、到底錢貨を得ること能はざるに至れり。是を以て火消組の徒大に憤慨し
、何等か不穩の擧動あらんとすとの風聞連りに傳...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寶暦六年銀札停止の後、加賀藩にては幕府製造の金銀貨と錢貨とを混用したりしが、前田
齊廣の時、文化十一年秋金澤の兩替商酒屋宗左衞門・升屋次右衞門・森下屋九郎次郎...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
預銀手形の外、別に預錢手形といふものあり。文政八年六月封内に錢貨尠くして融通の便
を缺きしを以て、金澤町會所に於いて御算用場の加印を得之を發行したるを初とし、一貫
文・...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りしを以て、五年七月初めて銀札を發行せり。この時銀札の流通を圓滑ならしめんが爲、
正銀の使用を停止し、錢貨も亦惡紙幣によりて市場より驅逐せられたりしかば、米價忽ち
向上して、六年三月二十七日金澤に於ける米一石...