石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
新貨比較通解
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改むべし。┃一、前條之通改稱致し候に就而は、從來舊金貨[金何兩何分何朱、或は永何
百何拾何文の事也]舊貨[正錢何貫何百何拾何文の事也]曁び舊藩錢札の名稱を以て取
遣り相定有レ之候分は、左之算則の比較略解表...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔工場の統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しせんがため山ノ上寶藏寺町に一の細工場を建設し、己をして之が管理の任に當らしめら
れたく、第二、眞鍮・・錫箔錫の製造は何等法令の制裁あるにあらずといへども、製法
金箔のそれに類似し、隨ひて金箔の密造を防止...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
横河氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
と言はれ、殊に鑵子は一種の風格を備へ、銹を生ずること少きが故に點茶家の愛重する所
となり、花器・香爐等製のものも亦光彩色澤並びに古逸品に讓らず、良工苦心の跡を見
るべし。世に名人九左衞門といはれたるもの是...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
金平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金平山は天明三年澤村の源次が、金平の地内字赤芽に於いて發見開坑せし所なるも、遂
に良鑛脈を得ざりしかば、同...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
遊泉寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能美郡遊泉寺に山あり。螢の光に、金平金山のことを述ベたる次に、この頃埴田村の十
村半助、遊泉寺山にて山を掘りけるが...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢と鐵錢との比較
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛永通寶の發行以後、寛永通寶の鑄型を用ひたる鐚錢多く行はれ、青錢と共に同じく一
文として通用せられたり。而も青錢と鐵錢とを同一價格とすることは、甚だ不條理なる
が故...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
備荒貯蓄と窮民激増
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
付批屋米二升宛より賣不レ申樣、町奉行中より申渡有レ之。印紙百十一二匁。當秋米穀等
甚高直、批屋米升百二。當年凶作に付酒造例年の三の一作り嚴命。十一月十日堂形御藏
米石百十匁。印紙百十五匁より二十目迄。批屋...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
本多政均の追賞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是に於いて政均の横死を悲しむの情更に新たなるものあり。大正二年秋本多氏の舊臣を以
て組織したる葵園會は像をその菩提所なる大乘寺の門前に建設せんことを發起し、三年
八月竣工したるを以て、十月十一日除幕式を行...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
賣箔手續の統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
田屋助三郎・安田屋孫助・杉本屋平八・原屋與兵衞・氷見屋善兵衞の十九人は、各若干の
徒弟を擁して、眞鍮・・錫箔打立の名義により、幕府發行の金貨を地金として金箔を製
造し、その大部分は看板を掲げたる四戸の賣箔...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の一緡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
使用したりしこと、寶永元年磯一峰の越路紀行に記さるゝを以て知るべし。この事藩末に
至るまで常に同じ。凡錢其制久矣。古者貫千百皆足。梁武帝時。有下破嶺以東。八十爲
佰名二東錢一。江郢以西七十多二西錢一。京師...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の名護屋出陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
受けて北陸に留守たりしが、此に至りてその麾下に命じ、日を刻して征明軍に從はしめ、
二十九日には封内より及び金鈖を購ひ、以て秀吉の乘艦を作る材料に供し、二月十八日
加賀・能登の舵師に命じ、敦賀の倉廩に貯藏し...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利常の平和的施設
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
月には越中諸浦の船税を起したる外、一面には寳達山より金鑛を採掘することを許し、そ
の他領内に於いて金銀山を發見して採掘を出願するものあるときは、又之を許して鑛業
を隆盛ならしむるの方針を取りしかば、百度殆...
第四章 加賀藩治停頓期 第三節 風教作振
學校創設と新井白蛾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
日、出仕之面々一統、四時過御目見。畢而檜垣之御間に御著座、新井白蛾被二召出一候御
禮被レ爲レ請。献上青。但白蛾裝束、野服・指貫・さしこ着用之儀一昨日窺有レ之、御
聞屆有レ之。且今日は野服・指貫・石帶にて御...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
御用金徴收
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
め、其夜出奔して行方しらず。跡に殘りし老母、其年六拾九歳なりしが心痛のあまり、同
六月十三日の夜秤の分をたもとへ入、井戸え身を投じて死ぬ。粟ヶ崎村木屋藤右衞門が
上納銀高は四百五十貫也。此老先きに記せし御...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
天保の徳政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を倉庫業者に典するを禁ずる等の數條を規定したりき。天保八年正月四日より、批(ヘキ)
屋米壹升代百二十八。二月批屋壹升百七十二文、酒壹升代三百五十一文。四月諸國飢饉
に付、稼として江戸表え諸國より罷越候處、...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
官軍復長岡を陷る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に發炮せしを以て、我も亦之に應戰せり。二十八日夜、長岡の敵篝火を焚くこと前日に十
倍し、螺を吹き太鼓・鑼を鳴らして喧騷を極め、又盛に炮撃して虚勢を張りしが、二十
九日朝五ツ時十日町村方面に炮聲を聞き、次い...
第六章 大聖寺藩治一斑
利治の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の事あるを致しゝなりと。その眞率にして自ら誇らざること概ね此の類なり。利治また心
を民事に用ひ、尻谷の山・九谷の陶器など皆自ら考覈して創めし所なりと言はれ、その
時務を研究するときは胥吏に對しても尚親ら筆...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
左義長 歳徳祭 日待
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に點火す。各家よりはその撤したる松飾・注連飾を齎して又この火中に投じ、少年は昨年
中使用せる古筆に十二又は百八を添へて神社に納むれば、神職は之を左義長と共に焚
き、以て手蹟を上達せしめ得べしと信ぜらる。...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
虫干 彌彦婆々
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
有す。又附屬の人夫にして弓・鉞を携へ唐櫃を擔ふ者あり。若し祈祷を請ふ者あれば、武
器を用ひざる舞料百八、弓・鉞の舞料百八の外に米二升、太刀の舞料百八の外に米
三升を受く。その行法、例へば太刀の舞なれば...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
寒垢離 寒修行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、腰に注連繩を卷き、呪文を誦しつゝかの水を頭上に注ぎて去る。これ鎭防火難の爲にし
て、紙に捻りたる十二を報謝す。寒中にはまた讀經若しくは歌謠を學ぶ者等、外氣に觸
れて聲音を練り、角觝は力技を試む。之を寒稽...