石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔工場の統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
方に召喚して之が意見を徴したりき。而して左助の之に對する答申は、第一、現に金箔は
之を江戸より輸入し、箔は京都より送致するが故に、遠路濕氣を吸收し、その金澤に到
着するや損じ箔となるもの少からずして、之を...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
・豆板の鑑定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
これより金澤の座に於いて、丁・豆板を取扱ひたりといへども、尚能くその質に
通曉せざりしを以て、京都座より見...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
手形の相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
手形の相場は正よりも稍廉にして、金一兩に對し預手形六十八匁を普通とせり。
然れどもその甚だしく低下...
第六章 經濟交通 第三節 市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
米場に於ける機關の一に仲あり。仲は後刻證文と稱する手形を運用し、米仲買業者に
對し資の融通を圖るを營業とするものにして、...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
十村の口書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
じ置き申候事。一、當春金澤に罷在時分、宇留地平八殿・駒澤金左衞門殿・飯坂源左衞門
殿より、肴代之由にて子五十め、五人之十村方へ被レ下候。御使山内義兵衞にて御座候
。關左近殿より子五匁、仁岸權之助殿より金...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
藩の財政状態と仕法調達
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
先侯齊廣の時文化の祝融に由りて益甚だしく逼迫するに至りしが、文政元年十月藩は商賈
に對し初めて仕法調達を課し、その窮状の異常なるを暴露せり。その令に曰く、今や藩
の支出を要する金實に莫大の額に達すといへ...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
御召米徴收
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
出して利鞘を所得せんとする方法なりしが、秋冬海上の漕運に堪へざる間はこの米穀切手
を當時の金融業者たる仲(ギンズワイ)に質入としたるが故に、翌九年春の輸出期に至り
ては、先づ藩の借仲に辨濟して質權を...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
灰吹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛永七年加賀藩に於いて灰吹(ハイフキ)を製せしめ、從來封内に通用したる極印に交
へて之を通用せしめき。灰吹は俗にこまがねと稱し、又きりか...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
札發行の理由
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この札發行に關しては、夙く寶暦三年より世評に上りたりしが、藩は遂に之を實施する
に決し、五年二月八日を以て...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに士庶札の使用に慣れざりしを以て、善惡の批評囂然として起り、贋札多く行はれ
、正貨忽ち市場より姿を隱し、札...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
札の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
事情既に此の如く切迫したりしかば、札の通用を永續するは甚だしく不利なるの觀あり
。因りて當時江戸參覲中なりし藩侯前田重教は、六月朔日書を...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
仲預手形の繼續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに十一月に至るも、到底この仲預手形を回收して、正を仕拂ふの準備なかりし
かば、交換の爲に新手形を造りて之を發行したるのみなら...
第六章 經濟交通 第三節 市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
商は一に延べとも稱し、中頃米場に於ける金融の逼迫したる際、現商の實行を苦痛
とし、遂にこの種の取引を...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
吉徳の歸城と病症
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前。晦日宗辰公え容躰被二仰進一候。御使御表小將神保五郎え、内藏允・勘右衞門取計に
而申渡。御目六を以白十枚、御内々よりも同段拜領。今夜早打に而發出。但六月十一日
歸。六月朔日出仕之面々え年寄中被レ謁、御不...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
享保の貸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
士人の窮乏は、藩自體の窮乏に先んじて起り、綱紀の時藩が貸を行ひてその救濟を計り
しこと四回に及びたるは既に之を言へり。吉徳の時享保十年六月朔日、復家中の諸士困...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
窃盜白屋與左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に於いて、藩治時代を通じて緑林傳中の巨魁と稱すべきものを見たるは、その理由實にこ
れに由る。その一は白屋與左衞門にして、寳暦十二年十一月晦日藩吏の捕縳する所とな
りしものなり。與左衞門は元と能登の産なりし...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
水野支家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
水野好榮の第二子を源六好房と稱す。寛永中父と共に金澤に來り、五人扶持を給せられて
職となり、次いで正保三年高岡町に邸地を賜ひて一家を興せり。後藤悦乘の江戸に歸
るや、好房藩命を奉じて製...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於いて金貨を製造したるは、夙く前田利家の時に始る。こは天正中領内寶達山
に於いて金を産出したるが故に、利家は...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
確實なる加州金
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天正梅鉢大判金。梅鉢紋を刻するが故に名づくといへども、その詳細を知るべからず。寛
文元年に一枚四百五十七匁替とし、同八年に四百三十匁替とし、同十九年に四百五
十匁五分替とし、正保三年四百五十...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
知知見花降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
慶長九年閏八月七日前田利長令を商賣に下し、賣買には、主として知知見を用ひしめ、
若し灰吹を用ふる時は、時價を以て秤量換算して通用せしめたりき。こゝにいふ知知見
の制は...