石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀座及び吹座の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の後、幾くもなく後藤用助・矢田主計の二人は銀位を劣等ならしめたるを以て、共に三年
間の蟄居を命ぜられ、銀座・吹座の職務は、後藤才次郎・金屋彦四郎二人をして之を掌ら
しめき。用助と主計との刑期滿つるや、藩は更に...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
丁銀・豆板銀の鑑定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
これより金澤の銀座に於いて、丁銀・豆板銀を取扱ひたりといへども、尚能くその銀質に
通曉せざりしを以て、京都銀座より銀見(...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
吹座及び銀座の創置
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藩にて製造せられたるものなり。而して是等の金銀貨を製造せる所を吹座といひ、秤量發
行及び鑑定を掌る所を銀座と稱す。吹座と銀座とは、舊と同一主任によりて兼管せられた
るが如く、前田利家の時後藤用助と矢田主計とを...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金澤以外の銀座
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤の外、封内各地にも亦銀座を設置して、地方に通用する貨幣の眞贋を鑑定せしめ、他
國の金銀引替を爲し、贋造貨幣の防止に任ぜしむ。加...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
菊極印朱封銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
極印銀といひて、封緎せる朱封銀と區別せり。上納銀は凡べて封じたるを用ひたるを以て
、萬治の頃は、金澤の銀座より小松・七尾・宇出津・今石動・魚津の遠所銀座に、手代を
派して封を施さしめ、富山の銀座には、國印・座...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
銀箔賣捌の許可
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前記の如く左助は金箔賣捌の許可を得たりしが、同月二十二日更に江戸の銀座役所に至り
て銀箔賣捌をも許可せられ、江戸に於いて之を購入せんとする時は、京都銀箔取次人呉服
町松屋市左...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
吹貫銀今極印銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して法號を宗古といひしものとし、金屋彦四郎は第四世吉惠にして、後藤才次郎は初代吉
定なり。次郎兵衞等の銀座たりし元和・寛永の頃は、領内諸鑛山に於ける金銀の産出最も
多額なる時に當りしのみならず、藩外よりも亦山...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
丁銀豆板銀の通用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かく封内通用の金銀貨は、前田利家以來常に銀座の發行する所なりしが、綱紀の寛文七年
に至り、幕府鑄造の丁銀・豆板銀を通用し、朱封銀を停止すべき令を發...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
尾山八町の説の誤謬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りしを改めて街衢を爲すに至れりとも思はれず。又金屋町の如きは、利家の入國以後、貨
幣鑄造の事を掌りたる銀座の所在たりしより起れるものなるが故に、盛政の時固よりその
名稱あり得べからず。當時材木町ありしといふも...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加り勤レ之候。然處稻垣與三右衞門・戸田與一郎及二言上一候は、御代々御定に而、金銀
の封印等相勤候事は、銀座の者共より外は手指(テザシ)難レ成事に御座候。乾屋孫兵衞相
勤候ては御大法に相背申趣申上、依レ之乾屋は...
第一章 制度法規 第四節 租税
職に懸る上納銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
あり。蠟燭役・油役・煙草役・豆腐役・室役・紺屋役・鍛冶役等は前者に屬し、絹判賃・
布判賃・魚問屋口錢・銀座封賃・酒屋役の如きは後者に屬す。その他小賣業者たる米屋、
運送業者たる三度の如く、株立にして無税なるも...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
田村權左右衞門と後藤才次郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
し。されば定次は大聖寺藩分立のことあるに際し、之に赴きて父吉定の加賀藩に於けると
同じく鏤工出身を以て銀座のことを管し、隨つて後には九谷金鑛採掘に與り、その地に發
見せられたる陶土を利用して藩が製陶の業を起す...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
號を宮竹屋といひ、元祿中知名の俳人小春の裔なり。家世々藥舖を營み、素封を以て聞え
、町年寄に任ぜられ、銀座御用を兼ぬ。純藏は號を鶴山といひ、岸派の畫を學び、後清人
に法りて墨梅を能くし、詩賦は頼山陽の斧正を得...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
寶達金山の埋沒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
此代銀詰三百十五匁九分二厘但兩替四百五十目がへ代銀合四百六十六匁九分七厘朱封銀以
上寛永二十年八月五日銀座八左衞門印〔貨幣録〕○請取申銀子之事合四百六十六匁九分七
厘朱封銀右者玉金子五十七匁八分指上申代銀とし...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔業の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るべく、遂に明治元年當分打立方の休業を見、二年金澤藩の商法局より大藏省に差出せる
伺書にも、『今般右金銀座御指止に相成候に付、職方等の者地金取受可レ申道無二御座一
、是迄の活業に放れ、迷惑難澁罷在候者多く、』...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
取込銀 新極印銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、大小品位固より一定ならず、その不便甚だしかりしを以て、寛永十年四月の令により取
込銀の通用を禁止し、銀座に於いて之を改鑄して、新極印銀を發行することゝせり。新極
印銀の品位は、初め今極印朱染紙封の銀子に比し...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
紙幣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
札座え爲レ致二上納一、銀札可二相渡一候事。一、諸運上並御家中役・出銀等都而上納、
銀札に而上納、尤於二銀座一封付可レ申候。此外封付不レ申候而不レ叶品々取遣之分茂、
封付可レ申事。一、御家中之面々、他國より調物...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札の發行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
衞・町奉行青地彌四郎を以て之に當て、次いで町奉行津田宇右衞門・御先手物頭津田林左
衞門を加へたりき。又銀座に準じて金澤に札座を置き、銀札方横目二人・札座頭五人・下
役人帳面方三人・銀掛二人・算用方二人・銀包方...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天保の石川能美郡暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
入、町方相廻り打毀申家を少々宛手懸置、四日市町五間堂屋前え集り、酒を出させ何も呑
申由。夫より三日市町銀座に取懸り申候。家・諸道具等迄盡く打こわし、批屋の事故大豆
・小豆・米等數十俵こもを打破、往來へ蒔散し申...
第六章 經濟交通 第四節 交通
驛に於ける高札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
止たるべし。自然持來においては兩替屋にてうちつぶし、其主に可レ返レ之。並はづしの
金銀・にせ金銀は金座銀座につかはし可二相改一事。附、にせ物すべからざる事。一、寛
永之新錢、金子壹兩に四貫文、勿論壹歩に付壹貫...