石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔公許の運動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その斡旋によりて打箔(ウチハク)の公許を得んことを企圖するに至りたりき。金箔由來の
事一、御國において金箔打立渡世仕者は、往古より無二御座一候處、文化五年御造營(金
澤城)の刻、安江木町に箔屋伊助与申者え御造營御...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
能登屋左助の運動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に付、前段之趣兼而存念之儀に付、當八月奉二願上一、江戸表右勝兵衞方え罷越、何与歟
工夫を以於二御當地一金箔打立渡世可レ仕手段も無レ之哉与内談仕候處、後藤三右衞門方
に金箔主附有レ之、東三十三國者柏原吉右衞門与申者...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
幕府の金箔打立禁止とその密賣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに文政三年四月幕府は法令を發し、金座をして江戸の製箔に要する地金を管理せしめ
、江戸以外に於いては...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
銀箔賣捌の許可
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るの資格を與へらる。これ江戸の金座との交渉上、平町人としては困難なる事情多かりし
によるといふ。而して金箔打立に關しては、當時柏原吉左衞門より左助に與へたる書翰に
、今後鹽崎勝兵衞に就きて許可を得るに盡力すべしと...