石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
金子有斐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金子有斐、通稱吉治、字は仲豹又は君仲、鶴邨又は絢齋と號す。石川郡鶴來の人なり。初
め京に上り、皆川洪園に從遊し...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集義堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に彼等は元より刀圭を業とするものにして、專ら學事に力を致す能はざりしを以て、幾く
もなく石川郡鶴來の儒金子有斐を聘して教授の任に當らしめしが、次いで町奉行由比勘兵
衞の大に盡力するに及び、養元・笠坊も奮勵して交々...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊廣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
瑜等を擢でゝ明倫堂學士と爲し、其の他富田景周・林翼・三宅邦・木下推の如き前代の遺
老尚存し、大島維直・金子有斐・龜田景任・津田鳳卿等篤學の士は活躍の最盛期に在りき
。文政四年齊廣市川米庵を祿して、その子齊泰の入木...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
白山金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
白山(ハクサン)の山中目附谷(メツコダニ)の東岸にも往時金坑ありたりといへり。金子有
の白山遊覽圖記にいふ。金鑛山(カネホリヤマ)は靈瀑(レウノタキ)の北に在りて、幽壑
深邃人稀に至る所な...