石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
金子 惺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金子惺、後清に改む。字は子誠、吉藏又は清三郎と稱す。松洞はその號にして、雋の子な
り。家世々今枝氏に仕ふ。性...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
山田文祥
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
氏、出でゝ山田氏を嗣ぐ。初め與三助と稱し、中頃章藏といひ、後文祥と改む。文祥幼に
して讀書を好み、業を金子惺に受け、又井口濟に從ふ。已にして江戸に往き、芳野金陵に
學び、昌平黌に入りて日夜淬勵せり。歸國の後齊勇...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
藤田維正
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
と交り、文章の結構に關しては之を巽遜齋に問ひて大に得る所あり。金澤に歸りて松風社
を興し、一篇成る毎に金子惺・永山平太等と互に品評を加ふ。是を以て宿儒凋落の後は維
正嶄然として金城文學の柄を握り、門下幾百なるを...