石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
寶達金山の餘勢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
是等は皆寛永五年鑛鋪崩壞以後に屬するものたるが故に、寶達金坑が復興せしことの左劵
とすべきものなり。當時金坑の經營は、再び藩の手を離れたりしが如く、寶暦十四年の調...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
鞍ヶ嶽金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石川郡鞍ヶ嶽の金坑は慶長三年に發見せらる。前田利家即ちその臣高畠定吉に命じてこれ
が採掘を試みしめ、若し有望なりとせば奉...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
金平金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能美郡金平の金坑は澤村と金平村との間一帶の地に在り。故に澤の金山とも、澤村山とも
、金平山ともいひ、山下に不動尊を祀り...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
鷄群の一鶴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
使役せずして、有閑階級たる僧徒に命じたる如きは、その手腕の非凡なりしを察すべく、
特に夙く領内寳達山に金坑を開鑿したりしを以て、府庫常に充實し、戰爭突發の際に當り
ても悠然として之に處することを得たり。利家の...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
寶達金山の埋沒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛永五年寶達金山の鑛鋪崩壤し、多數の坑夫爲に埋沒して死せり。是を以て世にこの金坑
の採掘せられしを、天正十二年よりこゝに至るまで四十五ヶ年に過ぎずとするものあり。
然りといへども左記御...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
白山金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
白山(ハクサン)の山中目附谷(メツコダニ)の東岸にも往時金坑ありたりといへり。金子有
斐の白山遊覽圖記にいふ。金鑛山(カネホリヤマ)は靈瀑(レウノタキ)の北に在り...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
尾小屋金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能美郡尾小屋にも亦金坑あり。その起原に關しては全く知るを得ずといへども、加賀藩の
改作所舊記に載せたる天和二年十一月の書面に...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金銀貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ゝが故に、利家の貨幣製造は、必ずしも寶達山の採掘を待ちて之を行ひしにあらざるが如
し。何となれば、寶達金坑の開けたるも、亦同じく天正十二年にあるが故に、永福に賜ひ
たる梅鉢判金は、到底その産金により造られたる...