石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第一節 學校
醫術開業試驗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る者は、その師家たるものゝ添書を得て、願書を町會所に提出せしめ、而して町會所の横
目・肝煎等之に對して醫術の試問を爲し、その結果の優劣によりて許否を定めたりしなり
。然るに近時甚だしく出願者の數を加ふると共に...
第三章 學事宗教 第八節 科學
齊廣の前田直時に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
當時隨庵杯は、學は相應之躰に候得共、生質不才に而醫術療治其働き薄く、其上中華而已
之醫業にて、五行之道理に而實理之論無レ之事に候。當時江戸表にても追々蘭之...
第三章 學事宗教 第八節 科學
宇田川玄眞と蘭法醫術の初試
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
治脩の病を診せしめんが爲、宇田川玄眞を徴す。玄眞は作州津山侯に仕へて江戸に住した
る蘭法醫にして、蘭法醫術の我が藩に試みられたること實にこゝに起る。玄眞この年十二
月八日金澤に來り、堤町の旅館に泊す。隨ふ所門...
第三章 學事宗教 第八節 科學
前田齊廣の蘭法鼓吹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見るべし。直時は素より齊廣の重用する所たりしが、久しく痔疾を患へしかば、文政元年
齊廣書を與へて、漢法醫術の排斥すべく、之に反して蘭法の信用すべき理由をいひ、藩醫
篁齋・元哲等が江戸に於いて傍ら蘭法を研究する...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
ハビアン
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
が、夙に京師に出で、南蠻寺の伊留滿によりてその痼疾を癒されたるを癒とし、遂に受洗
して布教に從事し、又醫術を學びて施療を行ひたりと傳へらる。惠俊は一に惠春にも作り
、その經歴の珍とすべきは、彼が佛家より出でゝ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
清泰院の殂落
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りしを以て、その目的を達する能はざりき。明暦二年の秋、綱利公(綱紀前名)の御母君
清泰院樣御違例にて、醫術の法は誠に天下を動し、祈願宿願殘る所なしといへ共、天上の
五衰遁難く、御年三十歳にして九月廿三日終に御...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
攘夷説と和親説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
蛭子神の苗裔なりとし、彼等が商業を以て富國の最上策とするの理由一にこれによると論
じ、且つ彼等の測算・醫術に精しきに心醉して、我が國家の精華を忘るゝに至れるもの多
きを痛罵せり。今日を以て之を觀れば、竹鞆の所...
第三章 學事宗教 第一節 學校
明倫堂の醫學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明倫堂に於ける學科中、醫學に關するものありたることは頗る注意せざるべからず。醫術
の研究は、元來師家に就きて醫書を讀み診療の法を傳習するに止りしが、公私の醫師日を
定めて相會し、講説若...
第三章 學事宗教 第一節 學校
兒童と師匠
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は、師匠たるもの日を定めて參邸指南せり。凡そ書道を以て衣食するものは、繪畫・俳諧
・點茶・挿花・卜筮・醫術を生業とするものと同じく、士農工商以外の特種階級とせらる
。書家中特に技術の優秀なるものは、徴されて食...
第三章 學事宗教 第一節 學校
藩末の醫育
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二仰出一候條、一統可レ被二申談一候事。』といへるによりて見れば、從來學校即ち明倫
堂に於いて執行したる醫術開業試驗を壯猶館の主管に移したるものにして、同時に蘭法醫
の勢力が獨立せんとする經過を察すべく、次いで...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
田中躬之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
中躬之、通稱兵庫、菊園と號す。石川郡本吉村の儒醫の家に生まる。少壯京師に至り、皇
學を加茂季鷹に受け、醫術を新宮涼庭に學ぶ。天保五年家に歸り、六年居を金澤に移して
町儒醫となり、國典和歌を教授す。當時藩の歌人...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
狩谷鷹友
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ふみも、大み國(ク)ぬちに、ほどこりて、よみとく人も、やゝ〱に、おほくなりつゝ、測
算(ハカリワザ)、醫術(クスシノミチ)と、とり〲に、習ひまなばひ、もてはやし、めでく
つがへり、いつとなく、まどひふけりて、...
第三章 學事宗教 第八節 科學
醫術 荻野元凱
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩の醫家中古方を宗としたるものにして、その術の精良を以て名を後世に傳へたるも
の、殆ど之を知ること...
第三章 學事宗教 第八節 科學
在藩の蘭法醫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
のあるに至りたるは、弘化中黒川良安の侍醫となりたるを以て始とすべし。良安は越中の
産、曾て長崎に遊び、醫術を獨人ジーボルトに學びたるものなり。良安の名聲噴々として
擧るや、年少の醫生にして雄志を抱き、彼に倣ひ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
山本與興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
與興に子なく、前田土佐守の醫師石浦桂庵の弟宗悦を養ひて家を襲がしむ。宗悦後に又與
興と改めしが、製陶・醫術共に庸劣にして、落魄の極文政十二年養父の十三回忌辰に當り
自殺せり。