石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
弗隱
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保元年門下戒光僧壽請ひて之を剞劂に附し、題して志良山百首といひ、賀茂季鷹その序
を作る。同八年十一月遷化するとき、年七十九。白山歌百首の中春霞かすむ隙よりほの〲
と白ねぞしらむ夜はあけぬらしひさかたの天にま...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て至れり。時に支考は能登より越中に入り、浪化を訪ふ。是を以て支考は涼菟と相遭はず
、而して涼菟は浪化の遷化に先だちて之を見ること能はざりき。涼菟の寶永元年に出せる
山中集はこの時の行脚記にして、行脚戻はその歸...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
總持永光大乘三寺法系の爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
開闢也。淨住・總持之二ヶ寺者、同瑩山和尚遺跡也。淨住寺者、根本瑩山和尚之悲母慧觀
大姊開闢也。瑩山和尚遷化之後、兒孫改二易慧觀大姊一而勸二請瑩山和尚一。總彼二ヶ寺、
混二大乘寺一不レ可二態齊一支證明鏡。』とい...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
時宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て毎歳米十二石を寄進す。その後天滿宮は寛永九年十一月燒失せしを以て假殿に之を奉祀
し、慶安二年には南水遷化して南桂之に代る。之より先寺地を轉じて大にその規模を擴張
せしことあり。三壺記等の諸書之を承應三年に係...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
日經
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
京本正寺と[經師の開基は本正寺末多し。]本末之公事諍論在て大騷動也。出入六ヶ年に
て落著せり。其内住職遷化するにや、三四年は無住なりければ、觸下の八ヶ寺入院退院等
之諸願差支故に、觸下を放れ皆屬二スル妙成寺配...