石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
十村の口書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
書付下書、宇留地平八殿へ懸引談合仕候事。右之通少も相違無二御座一候。以上。寛政七
年三月九日久江村衆村在判千田八郎兵衞殿井關兵太夫殿堀部勘助殿三引六左衞門殿〔
長家文書〕○覺一、去年十一月之時分ニ御座候...
第六章 經濟交通 第四節 交通
驛馬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
北國街に於ける驛馬の數は之を寛文年間の調査に徴するに、橘驛十七疋、大聖寺驛十一
疋、動橋驛十四疋、月津驛二十...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
幕府の禁令益嚴を加ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
も嚴密なりしが、不亂といふものは幕府の通牒によりて江戸に送られ、又藩臣中川長勝の
家に使役する掃除坊主喜は、南坊の家に仕へたる牧村市左衞門の子なりしを以てこれを
拘置し、園田味齋の子長太夫・八兵衞二人も亦...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
大阪夏陣之覺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寺御宿陣。七日、大阪城攻、岡山口迄御人數出レ之事。但久法寺は大坂より三里半許も可
レ有二御座一由。一、中御武者押し之刻、一番旗、二番鐵炮、三番弓、四番長柄、五番
其手之組頭、其次々組中一手々々行列之事。一...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の薨去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
而諸頭も朔日以來晝夜相詰有レ之候處、不レ及二其儀一候旨被二仰出一。四日御不出來、
隆庵老御療治御斷、岡溪老へ御頼之處、御療治難レ被レ成旨に候得共、中將(吉徳)樣
達而御頼に付御藥御調合。五日朝之内少御快、...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
服罪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は、皆宇留地平八等に強ひられて檢地の中止を歎願したる事實を述べたるが、その口書は
悉く今に存せり。左に及び池島の口書を掲ぐ。久江村起請文男爵長基連氏藏久江
起請文...
第四章 美術工藝 第三節 描金
五十嵐庄兵衞系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
甫の門人庄兵衞は、その技術優秀なりしを以て五十嵐氏を冐すことを許されき。庄兵
衞の子に長左衞門あり、諱...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
諸士の教諭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
功績に報ゆるが爲のみにあらず、亦その功を紹恢せんことを希ふに因るなり。然るに近時
漸く弊俗に汚染して士を忘るゝもの、滔々とし皆然らざるはなし。是を以て子弟の輩父
老の薫陶に與るを得ず、唯奢侈放縱にのみ慣れ...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
白山萬句
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
慶長元年前田利家白山比咩神社の堂宇を修理せしが、是より先藩士北村三郎右衞門入
甫は白山神が千句の連歌を求め給ふの靈告を得たり。その後遲々して行はれざりしも、同
十年以降十二年に至...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
淺井政右
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
淺井政右、通稱作左衞門、後源右衞門と改む。一政の長子なり。寛永二十年前田光高に仕
ふ。資性洒落、茶を好み、和歌連歌に長じ、兼ねて筆札に巧なり。曾て百首を詠じ、大
納言阿野季信の點を乞ふ。季信左の歌を選...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
子神位四三六頁―四三七頁前田孝知宛前田綱紀書翰四三八頁―四三九頁前田綱紀畫像四五
六頁―四五七頁久江村起請文四七四頁―四七五頁長元連起請文四七八頁―四七九頁前
田直躬宛大槻朝元書翰五一四頁―五一五頁前田...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
永福夫人の勇武
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
袖の露をはらはんがため、紅葉を燒酒をあたゝめ、塀うらの睡をさましければ、悦あへり
つゝ、昔の巴・山吹・(シヅカ)の前などは一旦の勇こそあらめ、かく籠城になれもやし
給ふやうにおはしますよとて、城中の人々此...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
大阪冬御陣日記
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
候。戌刻に俄に風吹、鐵炮なりしかば諸人驚き申候也。筑前樣も先手へ御見廻として、其
夜御座被レ成候。諸勢より御返し被レ成候。同廿一日、同所に御逗留被一成、御見廻被
レ成候。同廿二日、同所に御逗留。曉富田次左...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
杉田九郎兵衞の管轄とせるを以て、十月五日九郎兵衞は白山山麓に來り、加賀藩の津田宇
右衞門に會して境界・路・橋梁・貢賦等のことを議し、十日を以て歸途に就けり。而し
て是等の諸問題中解決の最も困難なりしは出作...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
二代目孫右衞門の奸邪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
その賣拂ひたる米穀の價格大に低廉なりき。是に於いて金澤の老臣は、半郡中の農吏を召
喚して審問し、その中・上野・池島三人の十村を一時禁牢に處し、大町藏奉行大野治
兵衞・金丸藏奉行河島治兵衞を譴責し、翌二年...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
浦野一味の逮捕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
子八兵衞、笠師村の十村太左衞門、三階村の十村池島、能登部村の十村上野を田鶴濱の獄
に投じ、久江村の十村、その子兵八・六太夫・万兵衞、能登部村の小百姓氷屋を能登
部の獄に繋ぎ、十九日に至りて悉く之を金澤に...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
一味の處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せられ、その他流刑・追放・扶持放等に處せられたるもの三十人に及べり。農民に在りて
は、十二月六日久江村を久江の村端に磔し、子兵八・六太夫・万兵衞を刎首とし、高
田村二郎兵衞・能登部村永屋を梟首、三階村池...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
言誑集
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
之を集めて言誑集と題し、卷末に左の文を記せり。是に由りて直躬が如何に朝元を觀察し
たりしかを見るべし。隙のあまり庫裏反古を改めしに、此一帖出。延享二乙丑年六月十
二日護國公御逝去成し比、世上大槻内藏允事に...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
兼六園
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
び横山長知・奧村榮明等の邸地となりしが、元祿九年九月轉地を命ぜられたるを以て十年
十一月退去し、爾後空に屬すること九十六年にして、寛政四年初めて文武學校を興造せ
り。然れども當時の地形は、學校の北邊に一路...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
士人の蓄妾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
費而不一レ惠哉。鳴呼後之爲二經濟一者。欲二移レ風易一レ俗。先定二其服色一。毀二其
廣宅一。以明二節儉之一導レ之。庶幾爲二闔邦質朴至治之政教一乎云爾。〔寳暦銀鈔説
〕○近來賣女躰之者、妾に仕候者多有レ之候故...