石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
淺井畷の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長の班軍は一旦金澤城に入るを目的とせしが故に、小松城攻略の計畫を棄て、無事にそ
の兵を退却せしむるを欲したりき。是を以て八月七日、先鋒の諸將長連龍・同好連・奧村
榮明・太田長知・富田直吉・高山...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
齋藤隊等の出雲崎久田村の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
隊と附屬炮門とは本道を進み、薩長の一小隊及び松代藩の若干は間道に入れり。然るに山
田村・島崎村の敵既に退却し、島崎を去ること十餘町なる北野村の山腹に炮壘を構へて固
守したりしを以て、近藤隊は進みて之を攻撃せし...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
朝日山方面の不穩
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・岡島帶刀一吉等を率ゐて赴援せしに、越中軍は大雨に會して急攻する能はず、且つ利家
の後卷したるを聞きて退却せり。利家乃ち長頼に賞詞を與へて金澤に歸る。
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
東馬場の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。之に加ふるに七尾の諸將亦將に來援せんとすと。彌七郎歸りて氏張に告げしに、氏張は
之を信じ、兵を麾きて退却せり。この時運龍は徳丸を發して來りしに、恰も小林平左衞門
・長壹岐・三宅善丞・阿岸與市右衞門・鈴木源内...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
末森城攻圍戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
敵すべからずとなし、士卒に命じて盡く城中に入らしめき。然るに士卒誤つて三の丸外構
の揚簀戸を閉さずして退却し、敵直に三の丸に侵入したるを以て、野崎孫助・同與左衞門
兄弟はこれを驅逐して揚簀戸を下し、而して敵は...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
成政の退却
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
坪井山の本營に在りし成政は、利家の既に來援して越中軍が敗衂せる状を聞き、自ら手兵
を率ゐて雌雄を一擧に...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
利家の鳥越城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
難にして、之を力攻すること甚だ困難なるを以て、自らその勢力の弱小なるを示して敵を
城外に誘致し、彼等の退却せんとするに乘じ、付入にして之を陷落せしめんと謀れり。然
るに城内には、最も軍事に長けたる久世但馬守等...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
荒山城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
善四郎・大屋助兵衞に遣はして、荒山の敵状を監視せしめ、別に高畠定吉をして勝山口に
陣せしめ、並に彼等の退却せんとするを見ば、烽火を揚げて之を報ずべく、我は直に援兵
を出すべしと約せり。後諸將機に乘じて荒山を力...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
蓮沼攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
合はせ、家臣吉川平太・江見藤十郎・阿波賀藤八郎・小林大納言・屋後太右衞門・大窪小
五郎等も亦奮鬪しつゝ退却せり。時に利家は本營に在りて戰報を待ちしが、衆の捷ちて歸
るを見て大に喜び、後二十八日に至り、長頼を召...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政の鷹巣攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
第一たらんと思へり。圖らざりき豎子の名をなさしめんとはと。乃ち勒を並べて鷹巣に至
れば、成政の軍は既に退却したる後に在りしが、長頼・勝光等直に追跡して敵三十餘人を
斫り、凱歌を奏して旋れり。
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家渡海せんとす
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
爲、十九日金澤の計吏今井彦右衞門・能登の三輪藤兵衞等に牒して、嚴に今年の租を徴せ
しむ。既にして明軍又退却せんとすとの報に接せしかば、秀吉は二十一日に至りて利家が
都督の職を解き、その渡航の事亦從ひて罷めり。...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長越前に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
れて之に應ずること能はず。小松の丹羽長重も亦後卷して敷地に來りしが、大聖寺城の既
に陷落したるを聞きて退却し、四日更に兵を前田氏の領内に進め、火を本吉の倉廩に放ち
て劫掠せり。而して利長に在りては五日大聖寺を...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
先々小山(尾山)まで御歸陣之由尤候。』といひて同意を表し、毫もその班軍を難詰せざ
りしなり。而してこの退却が、越後の堀秀治に對して叛徒の蜂起したるを以て、之が鎭定
の爲に援軍を發せんとするにあるを表面の理由と...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
前田勢眞田丸に迫る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
城に向かひ大聲して曰く、才伊豆傷を蒙りて退かんとす、卿等何ぞ追はざると。遂に平野
彌次右衞門を殿として退却せり。彌次右衞門の僕五左衞門、矢石の中に立ちて主を護り、
爲に十八創を得たりしも、尚自若として動かざり...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
安見隱岐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
仕へ、祿一萬石を領せり。五月七日の戰に前田軍の城門に肉薄せし時、城兵出でゝ大に邀
撃せしかば、攻撃軍は退却の止むを得ざりしこと三次に及びたりしが、隱岐は錣を傾けて
敵に對し、苦鬪して一歩も動かざりき。是を以て...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
敵兵の柏崎撤退
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せしに、一彈能く命中して敵地を破壞するの奇功を奏したりといへども、彈丸全く盡きた
るを以て一たび村端に退却し、更に二番炮・三番炮と共に猛襲せしが、偶薩藩は炮五門を
運び來り、水上隊の戰勞を犒ひてこれに代らんこ...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の杉澤文納人面の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して杉澤口の敵を撃退せんと議せり。時に敵は文納に屯する如くなりしを以てこれを探ら
しめしに、彼等の將に退却せんとする際に在りしかば、長藩兵は進みて奮戰し、小川隊は
右翼に在りて之を助け、遂に敵をして潰走せしめ...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
青地隊等の森立峠支持
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の分隊・大垣藩の小隊等續々として來り援けしが、二十七日の曉天に及び參謀福原和勝は
青地隊をして三田村に退却せしめき。この時陣ヶ嶺の兵も亦熊取村の臺場に退きたりしが
、地廣く人尠かりしを以て、福山村の津田十之進...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
今枝隊の出兵と十二潟村の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
し、前面の敵愈多きを加へ、且つ右方筒場口の戰鬪盛に起りたるが故に、參謀は遂に今枝
隊に命じて河を渡りて退却せしむるに至れり。今枝隊乃ち小荷駄を整へ、河畔黒津村に至
りしも、この夜豪雨雷鳴あり、加ふるに唯一隻の...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
青地隊の轉戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
道を守り、又本隊に附屬する分司大屋和左衞門の一炮門は、妙見村を經て六日町・十日町
方面に進みしも、散又退却せしを以て、瀧谷村の要地に炮壘を築き、薩藩・大垣藩と共に
之を守れり。