石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
舊十村の復活と農吏制の改革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の十村を登庸するにあらずんば收納等一切の事務澁滯するの恐あるべしと述べ、老臣は獄
に投ぜられたるものゝ農吏に任ぜられたる先例なく、藩侯に對しても亦不敬なる所以を主
張し、互に論難して屈することなかりき。時に御...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
藏開 口祝 きしう
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民より納めたる吉初錢を受取りたることなど見ゆるものにして、元來王朝以降行はれたる
吉書の轉訛なるべく、農吏が地頭に見えて農事を告げ、地頭は農民にその勤勞を賞したる
ことなどより起り、遂に廣く百姓と給人との關係...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
農吏及び農民
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
本節に於いては、主として加賀藩の農吏及び農民に關する概要を述ぶ。
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
二代目孫右衞門の奸邪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
氏の收納成績頗る佳良ならず、その賣拂ひたる米穀の價格大に低廉なりき。是に於いて金
澤の老臣は、半郡中の農吏を召喚して審問し、その中道閑・上野・池島三人の十村を一時
禁牢に處し、大町藏奉行大野治兵衞・金丸藏奉行...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
參覲延期と復元御潤色
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を以て偏く配下に告げよと。この月、文政四年農用を郡奉行の直轄としたるを改め、御扶
持人十村・平十村等の農吏を任じて彼等を率ゐしめき。蓋し舊制を復したるものにして、
時人之を復元御潤色といへり。この年稻田の發育...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
々田地割を行ひて、百姓各個の耕耘する土地の品位平均を計りたる如きは、この法中最も
注目すべき施設とし、農吏執務の章程、農村自治の細目、農作實行の順序等、微に入り細
を穿ちて悉く規定せずといふことなし。是を以て...
第一章 制度法規 第三節 司法
流刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、歩並以上の士にして博奕を爲したるもの、私曲によりて死に當るも刑一等を減ぜられた
る者、神職・出家又は農吏にして非行ありたる者等に科することあり。流謫の地は、越中
五ヶ山を最も重しとし、能登島又は鹿島郡津向に...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
正月十三日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
員約百八十人を一番座・二番座に分かちて膳部に就かしむ。終りて改作奉行を經て、昨年
納租の成績佳良なりし農吏に賞賜す。例へば領國中一番皆濟の十村に白銀五枚、郡中一番
皆濟の十村に白銀三枚を與ふるが如し。領國中各...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
藩外國學者の來杖
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
説く所一時天下を風靡せしかば、五十嵐篤好の如きも之を中村孝道より受けて尊信最も厚
かりき。篤好は越中の農吏にして多く金澤に住せしものなり。天保の頃橘守部・鈴木重胤
亦來り遊び、士人にして神典を問ふもの多し。重...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
分役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見人といひ、又分役の兼務する所なり。文政四年の改革には、分役に關して變更する所な
かりき。これ等の外、農吏に御仕立勢子役・屎物方主付・桑楮植付勢子役・變地勢子役等
あり。皆臨時の職にして、分役又は十村の子弟を...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
農民
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
以上農吏に關して略述し終れり。次に農民の階級・種類に就きて記する所あるべし。鹿島
郡鹿島路村人別帳鹿島郡能登部...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
農吏の鹽務兼掌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又鹽取締役あり、製鹽業者と當局藩吏との間に介在して收納販賣事務を掌るものにして、
御扶持人十村を以て之...