石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
軍制改革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を以て慶寧は、八月十八日先づ諸士に令して、西洋新流の火器を用ひしめしが、更に十二
月八日に至り、舊來の軍制を改良して時宜に感ずる所あらんと欲し、老臣以下組頭に諮詢
して各その意見を言はしめたりき。當家軍制之儀...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
武備振張の告諭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
申与之御深慮、誠以御至當之御儀、方今之急務此外に有間敷被レ存候。就レ夫猶又勘考之
上、於二當家一も今般軍制令二差略一、銃陣編制之儀申出候。然處重大之事業に而急に取
調候場合に茂至兼、先づ當座之所置申出候儀も有...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
高山屯戍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
たりき。加賀藩が此の如く迅速に事を處するを得て、毫も紛雜の状を示すことなかりしは
、一に綱紀が平生心を軍制百般の事に用ひ、武備を懈ることなかりしによるといへり。
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
山崎孝之の建白
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より盛なるは無二御座一候。齊桓を凌ぎ晉文を駕すとも可なり。天下誰か之を非毀する
者あらんや。但昨今御軍制御改革、武臣不レ服、藝術不レ熟、人心未二一致一。如レ斯弱
兵を以何ぞ彼の精兵に當るべけんや。即今關東の...