石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
出師の命利常に達す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を理由として、數日を緩くせんことを請へり。利常曰く、既に一たび令を發せり。今にし
て之を變へなば、常に軍令を輕んずる者あらんを虞ると。時に奧村易英は、十四日に出陣
せば將軍と大津附近に相會するを得べく、若し停...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
可兒才藏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
常に馬廻組に班す。末森の役才藏亦利家に從ひて陣に臨む。時に城主永福は大手角矢倉(
スミヤグラ)に在りて軍令を出し、その子助十郎榮明は搦手より出でゝ敵を邀撃せり。成
政の士佐々勝五郎之を見て榮明と合匁す。利家乃...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉の北征宣言と利家の準備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
躍動するを見る。次いで十七日、利家は能登の配下諸將に牒し、在七尾の前田安勝を除く
外悉く津幡に集合して軍令を待たしめき。尚以藏助越前ニ有レ之むすめ被二送返一候。然
者彌無事などゝ云事曾以無一之候。以上。書状令...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
慶長役前の利長
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
成れるを以て、毫も之に從はんとはせざりき。家康乃ち兵を會津に進めて景勝を膺懲せん
と欲し、六月朔日先づ軍令を定めて、利長を津川口の先鋒たらしめ、越後の國主堀秀治・
本庄城主村上義明・新發田城主溝口秀勝をして之...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長の軍令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
馬廻置目一、武者押之次第、組頭之馬之次々へ乘可レ申候。自然私の用事有レ之候などゝ
申、跡先へ乘一所に無...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
再度の出陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
宗・大井直泰を七尾に置き、十八日金澤を發して出征の途に上れり。從軍の將士一萬五千
と稱す。二十六日利常軍令十五條を定めて之を各部隊に別つ。その文前役に於けるものと
少差あるのみ。或はいふ。利常の今庄に入りしは...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
石川重之前田軍に混じて戰ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是の日將軍秀忠は嚴に軍令を定め、その麾下左右の士をして斷じて先登すること勿らしめ
き。然るに石川重之は、殊功を樹てんと欲したる...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
高山屯戍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幕吏は尚その途に上らざりしを以て伊左衞門に督促して授受の期を定めしめ、九月十日綱
紀は總將永井正良等に軍令を授け、翌日江戸を發して一たび金澤に歸り、次いで高山に赴
かしめしが、出張の惣員一千人に達したりき。加...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
北陸道先鋒總督の任務
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二月十一日東征大總督有栖川宮熾仁親王、軍令及び廟算書を先鋒總督に授け給へり。廟算
書は即ち征討の一般方略を記したるものにして、之に據れば北陸道先...