石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
今枝近義の在藩老臣に與へたる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
少し材木など切置、常夏雪消、大工壹人尾添村の百姓四五人召連、伐置候材木見可レ申た
め白山へ登り申候庭、領之者共大勢集り有レ之、尾添より登り申者を見付、事之外さ
わぎ打殺可レ申躰ゆへ、此方は小勢儀、旁内陣...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
第二編藩治時代(上)一頁第一章領主及び領土一頁第二章加賀藩治創始期五三頁第一節末
森の戰五三頁第二節中平定八〇頁第三節田利家の晩年一〇四頁第四節大聖寺淺井畷二
役一三七頁第五節三國統一一七〇頁第六節基...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
二ノ丸造營
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しを以て直に工を起し、翌年四月二十六日に落成移徙せるなり。その竣功の速かなりしに
拘らず、構造の批麗災に倍蓰するものありしは、一に封内士民の爭ひて資材を進献した
るにより、その金員五千貫目を超え、木竹に至...
第一章 制度法規 第二節 祿制
改作法施行の過渡期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人の受くる收納を、折紙高に對して能州・中知四ッ一歩、加州知三ッ六歩の平均免に
相當する額に定めたることの、果して何れの年に始れりやに就きては...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の臣僚に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
度我等腫物令二再發一ニ付、行歩も不二相叶一、其上次第ニ被レ犯二病氣一、誠有無二甲
斐一故、存命之内ニ筑守(利常)事彌以心ニ懸り、乍二病中一存寄通凡申出條々。一、
此度於二天下一諸奉公人之儀、既諸國之面々御...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北戰爭
朝廷の賞賜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して酒肴を頒たれ、九月又出陣の將士に對し毛布を與へられしが如きは即ち是なり。次い
で翌明治二年六月藩侯田慶寧の功を録し、その大軍を動かし金穀を捐て、征討の官軍を
して速かに功を奏せしめたるを嘉し、永世祿高...
第六章 經濟交通 第四節 交通
萬歳下道中
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二日市、右にやはたの八幡を、拜して通る津幡宿、五穀成就萬民の、共に御晝は賑しき。
暫しねざさや竹の橋、えて倶利伽羅の、餠に大小ふどうあり。三里の峠打えて、
埴生の八幡伏拜み、今石動や小矢部川、心にか...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府評定所の裁許に對する請書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
差上申一札之事一、國北國白山別當平泉寺名代大聖院・華王院訴上候は、白山三社之
南(大汝)知之社、六年以平泉寺より...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の祀を斷つことなく、星霜多年領邑の域を變ずることなかりしもの、指を屈して果して幾
何をか得べき。吾人は田氏がその一にして、且つその巨擘たりし點に於いて、加賀藩史
を繙くに際し特種の興味を感ぜざるを得ず。...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
上杉氏の尋盟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利家の威名は、末森の大捷によりて頗る熾なるに至り、十八日上杉景勝の將須田滿親は利
家に、土肥政繁等は田安勝に、並びに書を致して、彼等が同盟の誼を重んじて田軍に
後援せんが爲中新川郡境城に迫り、火をそ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
長藩の出京と加賀藩との交渉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六月二十四日長藩は毛利慶親父子の赦免を請ふを名とし、福原後等に大兵を率ゐて大坂
に屯せしめしに、幕府は長藩の擧測るべからざるを以て諸侯に命じて要衝に備へしめ、...
第一章 領主及び領土
田氏の三州統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慶長五年豐臣氏の徳川氏と釁端を開きし時、山口氏と丹羽氏とは西軍に黨し、田氏は東
軍に應ぜしかば、八月利長は宗永を攻めて之を滅し、九月長重と和せり。既にして利長上
國に赴き、十...
第六章 大聖寺藩治一斑
の役の影響
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この年水戸の浪士、筑波山を脱して京都に上らんと欲し、十二月遂に美濃より蠅帽子峠を
踰えてに入りしが、當時福井侯松平茂昭及び丸岡侯有馬道純は長州征討の軍中に在り
き。是を以て丸岡藩は援を大聖...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 中平定
秀吉利家父子を賞す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秀吉の中討平の事を終へて歸るや、四國・北陸の兩役に於ける諸將の功を論じ賞を行ひ
、十三年九月十一日利家に羽柴...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
祈禱と醫療
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、その進むる湯藥を服し攝生を守るべきことを約したりき。高岳(利長)樣就二御不例一
、爲二御祈念一從二筑守(利常)樣一御立願之事一、御湯立一、千句之連歌右於二御神
一、撰二吉日良辰一被レ致二精誠一、頓速有...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
課役の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
財を糜散せしめ、假令不逞の念あるものも、到底干戈を動かす能はざらしむるを目的とせ
しなり。是を以て鉅封田氏の如きは、夙く家康の時以來その役務に服せしめられしこと
尠からず。即ち慶長八年二月幕府が江戸の市坊...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐守より田綱紀に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
猶々守殿御預り所牛首村・風嵐村をも御取放に而、新規に御代官一人に被二仰付一候
事。樣子能相調、珍重に奉レ...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、夫より人持組に被レ命候。日夜御側に相勤、御寵遇重過し、去年以來は於二御國一も御
政務に預候。御家老之田大學は、父修理以來縁者と成、玉井市正は佞諛を以取入是も羽
翼と成、御數寄の儉約を事とす。去秋御歸國以...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北戰爭
東本願寺法主遊説の計畫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
陸道に進發せんとするや、その軍糧を民間より徴發せざるべからざる必要ありしを以て、
先づ東本願寺の法主を・加賀・能登・中に派して諭示する所あらしめんとしたりき
。蓋し曩に西本願寺が朝命を奉じて使僧を派遣...
第一章 領主及び領土
豐臣時代に於ける田・丹羽・堀・溝口・村上諸氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
天正十一年四月羽柴秀吉、柴田勝家と近江の柳ヶ瀬に戰ふ。秀吉之に捷ち、直にを經
て加賀に入り、尾山城に在りし佐久間盛政の殘黨を追ひ、その遺領中有川・河北二郡を利
家に、江沼・能...