石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て戰歿せるもの百名を超えたり。その交名は左の如し。津田玄蕃家臣松枝十之丞福直四十
二歳司令役七月廿五日後長岡にて戰死石田縫右衞門保全三十九歳司令役同安田周藏信之
十 四 歳戰士同山下鐵之助末春三十三歳戰士...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
今枝近義の在藩老臣に與へたる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
少し材木など切置、常夏雪消、大工壹人尾添村の百姓四五人召連、伐置候材木見可レ申た
め白山へ登り申候庭、前領之者共大勢集り有レ之、尾添より登り申者を見付、事之外さ
わぎ打殺可レ申躰ゆへ、此方は小勢儀、旁内陣...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
二ノ丸造營
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しめき。岸駒の金澤に來りし時行裝の盛なること、一畫人としては實に空前絶後なるもの
あり。葢し目木繪畫史の一插話とするに足る。八月十三日(文化六年)左の通被仰付。
京都畫師岸前介右前介、今般御當地へ被レ...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
波 倉木場三谷蓮 代 寺符津矢崎今江須天向 本 折安宅安 宅 新浮柳安宅草野(以上粟津
郷。この郷の、馬場・島[蓑輪]・串[串出]・串茶屋・日末・松崎[村松]・佐美[
濱佐美]は大聖寺藩領なり。)沖打...
第一章 制度法規 第二節 祿制
改作法施行前の過渡期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人の受くる收納を、折紙高に對して能州・知四ッ一歩、加州知三ッ六歩の平均免に
相當する額に定めたることの、果して何れの年に始れりやに就きては...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の金澤暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文化八年十月朔日本納の米相場、金澤に於いて銀五十四匁五分に上りしに、同月五日夜城
下の暴民等十間町の買座を襲撃し、水を注ぎ石を投じ、その百餘人は進みて屋内に亂入
せり。買等乃ち情を町奉行に訴へしに、暴...
第六章 經濟交通 第四節 交通
萬歳下道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
づ一番の御泊。立つて振り出す御城下の、やれ御通りぢや先き退けと、三本道具の數々は
、盡きせぬ御世の御家に、君が心は淺野川、少し名殘は春日町、胸は大樋と思へども、
義理と情は柳橋、今町・太田・二日市、右にや...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南の陣
浪士の陳情書等提出
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
昭)殿日夜憂慮被レ在レ之、防禦之計策數度建白被レ致候得共遂に不レ被レ行、臣子之至
情遺憾無二此上一、尚納言(慶篤)殿も去亥年(文久三年)上京之砌、公邊を輔佐し攘
夷之成功を奏候樣との蒙二勅命一、天盃・眞之...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
地震
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
火災に就きて叙したる序に、震災に關しても亦記せざるべからず。案ずるに藩治の初、天
正十三年十一月廿七日に大地震ありて、餘震二十九日の夜に及び、礪波郡木船城崩壞
して全く舊態を失ひ、城主前田秀繼以下多く壓...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
枝・牧童・里臼・從吾・長緒・八紫等皆之と交り、同國の乙由も來り會せり。既にして涼
菟は乙由と相携へて山に赴き、厚爲・桃妖等と賡和し、北枝亦追うて至れり。時に支考
は能登よりに入り、浪化を訪ふ。是を以て...
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
傳説の批判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
今之に就きて聊批判を試みんに、山の木地挽が眞砂に起り、而して眞砂のこの業が
より入り來りしことに就きては、夙く寛政・享和の頃の茇憩...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 平定
秀吉の書簡に關する諸問題
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秀吉が前田氏に三郡を増封せるは、利家に對してなりや、將た利長に對してなりやに
就きては、聊明瞭を缺けり。何となれば...
1 国絵図
(5) 寛永十年北陸道七箇国之内国(写)
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
が開きます寛永10年(1633)に江戸幕府の巡見使が調査した諸国国絵図の写本「日本六十
余州図」のうち国の図の写し。元和元年(1615)の一国一城令後の居城と古城の存在
や、寛文4年(1664)に江戸幕...
第一章 領主及び領土
豐臣時代に於ける前田・丹羽・堀・溝口・村上諸氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
天正十一年四月羽柴秀吉、柴田勝家と近江の柳ヶ瀬に戰ふ。秀吉之に捷ち、直に前を經
て加賀に入り、尾山城に在りし佐久間盛政の殘黨を追ひ、その遺領有川・河北二郡を利
家に、江沼・能...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府評定所の裁許に對する請書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
差上申一札之事一、前國北國白山別當平泉寺名代大聖院・華王院訴上候は、白山三社之
南(大汝)知之社、六年以前平泉寺より...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
長藩の出京と加賀藩との交渉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六月二十四日長藩は毛利慶親父子の赦免を請ふを名とし、福原後等に大兵を率ゐて大坂
に屯せしめしに、幕府は長藩の擧測るべからざるを以て諸侯に命じて要衝に備へしめ、...
第六章 大聖寺藩治一斑
の役の影響
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この年水戸の浪士、筑波山を脱して京都に上らんと欲し、十二月遂に美濃より蠅帽子峠を
踰えて前に入りしが、當時福井侯松平茂昭及び丸岡侯有馬道純は長州征討の軍に在り
き。是を以て丸岡藩は援を大聖...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の再現
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
零せしかば、加賀の俳壇稍寂蓼を感じたりしが、四年秋支考の再び來遊するに及びて活氣
を復したりき。この時前の伯兎・昨嚢等亦之と行を共にして山に入り、小松の塵生・
・里冬・朴人・乙甫・之川・之仲等を招き...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔協同經營の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
製箔に關する協同經營の方法は、この時左助の提出したる仕法に詳かなり。即ち左助は
嘉永四年の法を踏襲して、再び職方より一口銀二百目合計二百口の資金を募集し、七月...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御料紙由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年、高徳院(利家)樣御創業能州御領被レ爲レ遊候後、今年石川・河北兩郡御加増被レ爲
レ在二御座一候。然處佐々内藏助樣、加州二俣に而急切當國え御責入被レ爲レ有二
御座一、御手當人馬用意之際、二俣村百姓次郎...