石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第二節 祿制
改作法施行前の過渡期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人の受くる收納を、折紙高に對して能州・越中知四ッ一歩、加州知三ッ六歩の平均免に
相當する額に定めたることの、果して何れの年に始れりやに就きては、...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
九月廿四日陸奧(後岩代)瀧原村領にて戰死[加賀石川郡松任町]次助五十歳役夫七月廿
五日越後長岡にて死[越中礪波郡權正寺村]和助二十四歳役夫同日同所草生津口にて死[
越中射水郡經田村]次郎兵衞三十八歳役夫同[加...
第一章 制度法規 第二節 祿制
知行地の在所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十九石までは、加州知三分の一・越申知三分の二とし、二百石以上九百九十九石までは、
加州知三分の一・能州越中知三分の二とし、千石以上なるときは、四分の一を加州知、四
分の三を能州越中知とす。但し、この割合は極め...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御料紙由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年、高徳院(利家)樣御創業能州御領被レ爲レ遊候後、今年石川・河北兩郡御加増被レ爲
レ在二御座一候。然處越中佐々内藏助樣、加州二俣越に而急切當國え御責入被レ爲レ有二
御座一、御手當人馬用意之際、二俣村百姓次郎右...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
利家戰捷を秀吉に報ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せるに乘じ、能越の國界なる荒山城を陷れ、その城主以下を戮したるのみならず、更に鹿
島郡勝山の壘を陷れて越中に侵入したりとのことあり。蓋し荒山は先に言へるが如く、神
保氏張の部將袋井隼人の居りし所にして、勝山も...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉の書簡に關する諸問題
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秀吉が前田氏に越中三郡を増封せるは、利家に對してなりや、將た利長に對してなりやに
就きては、聊明瞭を缺けり。何となれば秀...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
御手役者と町役者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三郎進藤流ワキ野々市屋長九郎寳生流ワキ清水屋半之功春藤流ワキ能登屋茂三郎進藤流ワ
キ堀屋壽助進藤流ワキ越中屋門次進藤流ワキ相木屋徳十郎三人扶持森田流笛京屋鷲田市十
郎三人扶持森田流竹田鶴濱屋水野與次郎一噌流笛...
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人知行所附の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村免四ッ七歩草高同郡一、二百三十一石牧村免五ッ六歩草高同郡一、百九十七石五斗九升
六合大場村免六ッ二歩越中草高礪波郡一、千八百四十一石三斗四升七合東保村免五ッ草高
同郡一、六百四十六石矢部村免四ッ三歩草高同郡...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
既にして涼菟は乙由と相携へて山中に赴き、厚爲・桃妖等と賡和し、北枝亦追うて至れり
。時に支考は能登より越中に入り、浪化を訪ふ。是を以て支考は涼菟と相遭はず、而して
涼菟は浪化の遷化に先だちて之を見ること能はざ...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔協同經營の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
歩五厘を當てんとするものなりき。當時の持株と株主とは、二十口宛越野左助・木屋嘉助
・津幡屋勘七、十八口越中屋武助、十七口箔屋伊助、十二口山屋伊右衞門、十口越中屋多
吉、八口宛能登屋和兵衞・谷内屋茂三郎、七口輪...
第六章 經濟交通 第三節 市場
加賀藩内の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於いて最も古く創立せられたる米場は越中高岡のものにして、一時甚だ隆盛なり
しが、明和七年藩は御藏米及び町藏米賣拂の利便を計り、その取引を金澤...
第一章 領主及び領土
前田氏の三州統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
登口郡を加賜したりき。利政はこの役に徳川氏を援けざりしを以て封を除かれしなり。是
に於いて加賀・能登・越中の三州十二郡、悉く利長の有に歸せしが、十年その富山に老す
るに及びて、自ら新川郡二十二萬石を食み、餘は...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
上杉氏の尋盟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
滿親は利家に、土肥政繁等は前田安勝に、並びに書を致して、彼等が同盟の誼を重んじて
前田軍に後援せんが爲越中新川郡境城に迫り、火をその邑里に放ちしことを告げ、且つ久
しからずして景勝も亦出馬し、自ら成政を攻撃す...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
上杉景勝の越中攻撃と利家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是の月、上杉景勝は前田氏に對する同盟の約を實現せんが爲、その將土肥政繁等を先鋒た
らしめて越中を侵し、新川郡境城を攻撃せり。城兵能く拒ぎて奮鬪せしも、成政の援軍急
に到らず、爲に脱走するもの相踵ぎ...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉利家父子を賞す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秀吉の越中討平の事を終へて歸るや、四國・北陸の兩役に於ける諸將の功を論じ賞を行ひ
、十三年九月十一日利家に羽柴筑...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
地震
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
火災に就きて叙したる序に、震災に關しても亦記せざるべからず。案ずるに藩治の初、天
正十三年十一月廿七日越中に大地震ありて、餘震二十九日の夜に及び、礪波郡木船城崩壞
して全く舊態を失ひ、城主前田秀繼以下多く壓死...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法實施
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を施行したるは、慶安四年五月石川・河北二郡に於いてせるに在り。蓋し農民の最も強硬
なるもの、領内加賀・越中を最とし、而して二國の中に在りては石川・河北郡を首とす。
是を以て利常は先づ之を至難の地に試み、然る後...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
東本願寺法主遊説の計畫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るや、その軍糧を民間より徴發せざるべからざる必要ありしを以て、先づ東本願寺の法主
を越前・加賀・能登・越中に派して諭示する所あらしめんとしたりき。蓋し曩に西本願寺
が朝命を奉じて使僧を派遣し、親政の趣旨を宣傳...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
三衣問題の落著
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して、曹洞宗の法衣は永平寺の主張するが如く環紐なき袈裟を用ふるを通則とすといへど
も、特に加賀・能登・越中に限り、出世上洛の場合の外、總持寺の固執する環紐あるもの
を用ふるを妨げずとせり。越前國永平寺・關三ヶ...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
慶長以後の前田氏檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで利長・利常の治世たる慶長九年より十三年に亙りて、前田氏の檢地は越中國礪波・
射水・新川諸郡に及び、元和二年には加賀の能美・石川・加賀郡及び能登の各郡を檢地し
、元和六年に...