石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
杉本美和介隊木村治右衞門喜勝二十八歳隊卒六月廿四日越後乙茂村にて戰死佐倉安左衞門
義安三十七歳隊卒同[越中新川郡東水橋]長藏四十九歳役夫閏四月廿七日越後鯨波村にて
死[越後三島郡乙茂村]金八五十六歳雇夫七月四日越後...
第一章 領主及び領土
豐臣時代に於ける前田・丹羽・堀・溝口・村上諸氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長重が秀吉の征西の役に從ひし時、その從臣にして軍律を犯すものありしに因るといふ。
同年秀吉佐々成政の領越中新川郡を收め、前田利家をして假に之を管せしめしが、文祿四
年秋利家の領有に歸せり。是より先天正十八年、北莊の...
第一章 領主及び領土
土方氏の能登領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
周旋せしめしことあり。因りて幕府はその勞に報いんが爲に陸奧(磐城)菊多郡窪田等一
萬石に封じ、利長も亦越中新川郡布市等一萬石を分與せしが、同十一年能登の中、羽咋郡
十八ヶ村・鹿島郡二十一ヶ村・鳳至郡二十二ヶ村・珠洲...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
上杉氏の尋盟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
滿親は利家に、土肥政繁等は前田安勝に、並びに書を致して、彼等が同盟の誼を重んじて
前田軍に後援せんが爲越中新川郡境城に迫り、火をその邑里に放ちしことを告げ、且つ久
しからずして景勝も亦出馬し、自ら成政を攻撃するの意...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の退老
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の期將に近きに在るを以て、重臣に命じて誓書を上らしめ、次いで二十八日將軍の許諾を
得て封を利常に讓り、越中新川郡二十二萬石を隱居領として富山に移り住めり。この時利
長の齡正に四十四、前途尚春秋に富むといへども、嗣子...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利孝七日市侯に封ぜらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
にして芳春院にはあらず。又芳春院が徳川氏より一萬石を賜ひたることなく、土方雄久の
受けたる地は、初めは越中新川郡後には能登にして、初めは上野七日市後には加賀にあら
ず。隨つて利孝が芳春院の領を傳襲せしにもあらざるな...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
城郭の模樣替と辰巳用水
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
八幡社に合祀せり。後に袋の神と稱せらるゝもの即ち是なりと。兵四郎は一に下村兵四郎
といふ。寛永十七年尚越中新川郡高原野新田の用水工事に從事せり。その横死説の根據な
きを知るべし。况や辰巳用水の主なる目的が、火災の消...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
利常の農制整理
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
遺法を株守せんと希へり。利常亦能く農民を愛せり。明暦二年十月、利常能美郡今江の民
二十口に衣食を給し、越中新川郡船見野に移して開墾に從はしめしが、遣るに臨み利常之
を庭上に延き、親しく恩言を與へしかば、民皆感泣して...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
米穀缺乏の補填と甘藷栽培
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
はこの地方一般に之を栽培することなかりしが如く思はる。然るに天保中に及びて能登に
甘藷ありしは、同七年越中新川郡の無組御扶持人十村並寳田奈兵衞敬がその地を旅行して
著せる能州日暦によりて見るべく、而して越中には未だ...
第六章 大聖寺藩治一斑
第二世利明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
月初めて將軍家綱に謁し、十二月二十七日從五位下に叙し、大藏少輔に任ぜらる。三年七
月三日封を繼ぎ、八月越中新川郡の領九ヶ村を能美郡六ヶ村と交換せらる。江沼郡那谷村
もこの時領内に歸す。寛文元年十二月飛騨守と改め、三...
第三章 學事宗教 第八節 科學
黒川良安
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
黒川良安、諱は弼、號は靜淵、後に藩侯より自然の號を受く。父玄龍は越中新川郡大榎木
村に住して醫を營み、文化十四年二月良安を生む。文政十一年玄龍四十一歳にして長崎に
學び、良安も之...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷窯の廢絶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の製作を京都若しくは肥前に命じたりしより考ふれば、我が古九谷窯の既に存在せざりし
ことを推測すべく、又越中新川郡には所謂越中瀬戸燒といはるゝものありしも、僅かに茶
入の一種を製し得たるに止り、技巧も亦到底進献の料と...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
貧村御仕立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
すること少からざるを以て、藩の特に之を保護するを貧村御仕立と稱す。改作法施行以後
に在りては、延寶年間越中新川郡の貧村を仕立てしことあり。かくの如き村方を世に改作
村といひ、統督の御扶持人十村を改作支配と稱す。寶暦...
第五章 殖産製造 第四節 林業
七木の制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・杉・樫・栂・槻・桐・栗の外に唐竹とし、加賀に在りては寛文六年松・杉・樫・槻・桐
・唐竹とせり。而して越中新川郡は加賀の唐竹を缺き、同國礪波・射水郡は能登の栂・樫
・唐竹を缺く。之を以て中期以後の法令に五木七木と連...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
知知見銀花降銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
時價を以て秤量換算して通用せしめたりき。こゝにいふ知知見銀の制は明かならず。同十
六年利長の養老領たる越中新川郡龜谷山より銀を産出せしかば、利長は之を以て花降銀を
製せしめ、從來の判金と共に通用を命ぜり。この花降銀...
3 境絵図
(1-1) 土方領珠洲郡真脇村堺絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
録へ土方雄久(1553~1608)は、関ヶ原の戦いで従兄弟である前田利長を徳川側につけた
功績により、越中新川郡に1万石の領地を得るが、慶長10年(1605)11月に能登へ移封さ
れた。土方領の村々は加賀藩領内に点...
3 境絵図
(1-2) 土方領鳳至郡井面村堺絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
録へ土方雄久(1553~1608)は、関ヶ原の戦いで従兄弟である前田利長を徳川側につけた
功績により、越中新川郡に1万石の領地を得るが、慶長10年(1605)11月に能登へ移封さ
れた。土方領の村々は加賀藩領内に点...
3 境絵図
(1-3) 土方領鳳至郡大野村・伏戸村堺絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
録へ土方雄久(1553~1608)は、関ヶ原の戦いで従兄弟である前田利長を徳川側につけた
功績により、越中新川郡に1万石の領地を得るが、慶長10年(1605)11月に能登へ移封さ
れた。土方領の村々は加賀藩領内に点...
3 境絵図
(1-4) 土方領鳳至郡河内村堺絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
録へ土方雄久(1553~1608)は、関ヶ原の戦いで従兄弟である前田利長を徳川側につけた
功績により、越中新川郡に1万石の領地を得るが、慶長10年(1605)11月に能登へ移封さ
れた。土方領の村々は加賀藩領内に点...
3 境絵図
(1-5) 土方領鳳至郡院内村堺絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
録へ土方雄久(1553~1608)は、関ヶ原の戦いで従兄弟である前田利長を徳川側につけた
功績により、越中新川郡に1万石の領地を得るが、慶長10年(1605)11月に能登へ移封さ
れた。土方領の村々は加賀藩領内に点...