石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第六節 製箔
藩用製箔の免許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
以て之が公許を得べく努力したりしに、遂に元治元年二月に至り漸く一歩を進めて、賣箔
は尚舊の如く江戸より購入すべきも、藩の御用箔に限りて打立て得べきことゝなれり。是
に於いて御用箔を製せんとするときは、當然その...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
英米船の來航と加賀藩の艦船
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の更始刷新を要するもの一日を緩くすべきにあらざるを覺えしめしが、恰もこの際、加賀
藩が先に長崎に於いて購入したる帆船駿相丸は、十五日金石港に回航せられてその勇姿を
顯はせり。凡そ加賀藩の艦船は是より前文久二年...
第三章 學事宗教 第一節 學校
壯猶館の教科
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り。同月館内に堋場を設け、炮術を修めしむ。又練兵場を館の内外に置き、鑄造場・彈藥
製造所を設け、軍艦を購入し、之を壯猶館の各主務局に屬せしむ。航海及び測量學は文久
三年に至りて之を課し、洋算は明治元年より開始...
第三章 學事宗教 第一節 學校
鉤深館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改世愼)・河越良輔(初内山震太郎又は角良輔)と共に教授の任に當らしめ、同時に汽船
發機丸(後錫懷丸)を購入して實地の航海を練習せしむることゝせり。次いで慶應元年十
月前田齊泰は汽船一隻を購ひ名けて李百里丸とい...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
製茶 小松製茶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
保年中に至り二世理右衞門家を繼ぎ、近江蒲生郡武佐に至り、二階屋四郎兵衞に就き同郡
及び愛智郡製産の茶を購入し、自國の産と共に加賀・能登・越中に販賣せしに、香味佳良
なるを以て名聲を博し、需用日に多きを加へたり...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
黒羽織黨の勢力恢復
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
多きものに課税せしものにして、文久三年初めて開設し、翌年に至りて規模大に整ひしか
ば、遂に帆船啓明丸を購入して漕運の用に充て、獨封内物産の振興を見たるのみならず、
府庫亦從つて收入の増加を見るを得たり。
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
其八
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る電氣治療器とあるを見、如何にして此の如き珍器を藏するやと問ひしに、錢屋が密貿易
によりて得たるものを購入せるなりと應へたりと。
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
甘藷の輸入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
僚に命じて之が移植を圖らしめしことあり。五兵衞之を聞きてその有益の食料たるを知り
、直に上國より甘藷を購入し、之を自家倉庫の前に放置して人の取るに任せ、又親戚故舊
に贈與せしも尚多量の殘餘を腐敗せしめざるを得...
第六章 大聖寺藩治一斑
汽船建造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るの利便を計るを目的としたるが、同月七日を以て許可の指令を得たり。是に於いて長崎
に赴きて汽鑵・船具を購入し、之を大津に於いて組立て、二年三月三日進水式を擧ぐるを
得たり。之を一番丸と稱す。然るに一番丸の琵琶...
第一章 制度法規 第二節 祿制
量器の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
誤謬あることを發見し、寛文九年二月京製に倣ひて改造せしめしかば、加賀藩も亦自國製
のものを發して京より購入使用せしむることゝし、翌寛文十年七月二十六日の令を以て、
斗子升と新京升との差額を發表し、口米の増加に...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工の階級
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
目、脇指には一貫八百目を與へたりき。而してその鐵が何れの所産なりしやを明らかにせ
ざるも、之を大坂より購入せるは元祿七年十月の金澤町會所勤方に、『當地鍛冶共御道具
被二仰付一候節、大坂より取寄申鐵の殘、古物裁...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
買返高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
懸作の高を、懸作人が切高したる時、本村の百姓購入することあり。この場合に於いては
本村に回復したるに同じきを以て、普通の取高と區別して買返高といへり。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
屎物
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
奉行の認可を經たるものを郡奉行に廻附し、郡奉行は御算用場に稟申して許可することゝ
なる。又百姓が屎物を購入する資金として、古より銀百貫目を役銀所に保管するものあり
。毎年三月諸郡に之を貸附し、十一月中に返上せ...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔の輸入と自給自足の必要
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
も、幕府の法令によりて、江戸若しくは京都以外にその製造を禁止せられたるを以て、必
要に際し之を兩地より購入使用したるものゝ如し。然るに文化の頃に至り、士民の風俗一
般に向上して奢侈に傾き、住居と器具と服飾とを...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
銀箔賣捌の許可
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
捌の許可を得たりしが、同月二十二日更に江戸の銀座役所に至りて銀箔賣捌をも許可せら
れ、江戸に於いて之を購入せんとする時は、京都銀箔取次人呉服町松屋市左衞門に就きて
之を得べく、京都の銀座にも既に移牒せられたる...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
賣箔手續の統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せり。之と同時に左助は製箔業者と交渉して、その製造せる眞鍮・銅・錫の箔及び鈖類は
一旦悉く左助に於いて購入し、然る後金銀箔と共に尾張町井筒屋文藏・片町津幡屋勘七を
して賣捌かしむることゝし、又富山・高岡・大聖...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
職方團體組織の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
事するものに在りては固より此等の規約を無視し、金銀箔も亦當然密造せられしかば、左
助の江戸及び京都より購入したるものは販路を失ひ、或は毀損品を生じて遂に營業を維持
し得べからざる悲境に陷り、安政元年十二月眞鍮...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
工場の再分割
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は元治元年七月六日此等を町會所に召喚し、爾來箔工場を各棟取の私宅に設け、所要の上
澄及び切紙は左助より購入すべく、製造せる箔及び屑箔は又凡べて左助に提出すべきこと
を示達したりしが、職人・手傳人の數を限定し、...
第五章 殖産製造 第七節 製織
散絹屋仕入問屋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に明和六年五月絹肝煎より新糸出來の期將に近からんとするも、方今絹相場極めて下直な
るを以て、高直の絲を購入せざるに注意すべしと通牒したるの類を見るのみ。
第五章 殖産製造 第八節 雜業
煙草の耕作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
自の嗜好を滿たすを目的として播種せるものも、漸くその量を加へて販賣の用に宛て、以
て日常生活の必需品を購入するの資銀を得たりしものゝ如し。石川郡吉野は河合よりも更
に上流の地なるが、その煙草の産に名ありしこと...