石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
錢屋の財産
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しことは、これを現に前田家に存する文書によりて知ることを得べし。但し太平年表等坊
間流布の諸書に錢屋の財産を記載したるは、想像にあらずんば捏造にして一も典據の確實
なるものあらざるなり。
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
富田彦左衞門等の專恣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
免し、翌三年三月藤右衞門も亦容されしが、貞悦は是より先天明七年九月廿一日獄中に命
を殞せり。但し木屋の財産は之によりて覆さるゝことなく、享和二年三月藩が封内に對し
て三千二百餘貫目の用銀を課したる時にも、木屋...
第一章 制度法規 第三節 司法
元祿以降の行刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
趨勢たりしなり。されば是より後に在りては、生命刑の種類も磔・梟首・生胴・斬等に限
定せられ、自由刑及び財産刑に關する法制亦大に整備するに至りたりき。
第一章 制度法規 第三節 司法
首代銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
生命刑に當る者にして財産を提供し罪を贖ふものに首代銀あり。又首代錢とも稱せらる。
寛永二十年能登に銀子引負の爲法に觸るゝ者あり...
第一章 制度法規 第三節 司法
闕所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るが故に家のみを下附す。犯人の所有せる金銀諸道具は、悉く公事場に沒收せらる。但し
親懸りなる時は父子の財産を區別し難きを以て、天和元年之を沒收せずとし、犯人の妻及
び娘の衣類諸道具も亦元祿十三年之を除外するこ...