石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
新善行寺珠洲郡眞脇村地子地時宗寺院玉泉寺金澤泉野寺町拜領地寺領六拾石外拾貳石月次
連歌料一向宗西派寺院寺西末寺金澤市西御坊町拜領地觸頭照圓寺金澤西末寺之内拜領地
照圓寺觸下上宮寺金澤西末寺之内拜領地西照寺...
3 境絵図
(1-6) 土方領鳳至郡中ノ谷村堺絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
藩に収められたものが伝えられたもの。クリックすると原本の画像が開きます 翻刻
文①○此色中ノ谷村之山○此色中ノ谷村之田畠○此色川尻村・曽山村・山中村之山○此色
川尻村・曽山村・山中村之田畠②今度土方...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
谷村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
谷村、諱は惟清、通稱秀達、又周達に作り、後秀齋・周齋又は公哉と號す。市醫を業と
し、勤王の志あり。初め藩...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天明の米價暴騰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
仕拂を停止せり。次いで六年氣候又順ならずして米價騰貴したりき。天明四年甲辰正月よ
り米次第に拂底[常の段大抵一石に付、四十匁より四十五匁位]八十目・九十目・百目
と騰躍し、五月・六月に至り百二十目餘となり...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
那谷寺の改造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る後に在りとすれども、現に存する塔婆の露盤に刻したる銘に、寛永十九壬午歳とあれば
、利常が小松退老以後に創めたるものなるべく、文中に新君萬年といへるは、去年家綱
の生誕せるを祝したりしなり。されば那谷寺は...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
關係者の取調
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
儀何等も承り不レ申。九兵衞方より戻りに候哉、駕舁之者共より御引揚之旨當月三日途中
に而承り、何共驚入、樣小倉屋次助方え罷歸候儀に御座候。左候へば九兵衞方え當月三
日に罷越候哉与御尋に御座候。同人方え參り候...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
嫌疑者とその處分
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
郎・畝田村與助・同村彌助・觀音堂村八郎兵衞・笠舞村九兵衞・同村長右衞門・同村忠兵
衞・忠兵衞妻つぎ・曾谷村文右衞門・文右衞門子文太郎・河北郡東蚊爪村佐兵衞・同村伊
右衞門・同村又右衞門・同村喜三右衞門・同村四...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
小川幸三の南上
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しとせずと。幸三可かずして先づ發せんとす。乃ち杯を啣みて送別せしに、偶席に列した
る石黒圭三郎及び市醫谷村も亦幸三と行を共にせり。...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
小川幸三等の就縳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
小川幸三・石黒圭三郎・谷村の三人は、金澤を發したる後、海津に至りて青木新三郎等
と宿舍を共にしたりしが、大野木源藏の復命を聞く...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
世子の傅たりしを以て自ら請ひて隨ふに及び、その意を果すこと能はざりき。然るに慶寧
の退京後、榮通は前田信と共に忽ち勢力を失ひ、政均と長在とは藩政の衝に當り、公事
場奉行多賀源功・公事場掛與力内藤誠左衞門を...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
村松藩士の投降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、途次成願寺村にて長岡藩の銃隊足輕を捕へ、又長倉村に於いて新發田藩兵と大炮一門と
を獲たり。既にして瀧谷村の大屋分司は青地隊長の所在を求め、炮門を牽きて麻生田村に
來り會し、又隊長と共に杉澤村の山口小司に合し...
第六章 大聖寺藩治一斑
正徳の凶歉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を許さゞることに決せり。農民等之を聞きて大に怒り、十月六日三郎左衞門・新右衞門・
四兵衞・作左衞門が那谷村の肝煎權四郎方に、宇右衞門が同村不動院に宿泊したるを襲ひ
しに、諸士は悉く裏口より逃走し、觀音山の後な...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門の召還
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋窯の初めて開かれし地は九谷村なり。これ傳右衞門等が古九谷の遺址を求めて陶窯
を起さんと欲したるに因り、吉田屋の文書によれば彼が初め...