石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
謠言粗志
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
所ならん。次いで天保二年藩の老臣村井長道は家臣澁谷重武・河合良温・勝木元直に命じ
、寛臺の失考を正して謠言粗志訂補四卷を作らしめき。佐久間寛臺著謠言粗志自筆本金澤
市佐久間啓太郎氏藏佐久間寛台著謡言粗志自筆本
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
假面と裝束の研究
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
研究者をすら出せり。浩翁は浩齋とも浩然道者ともいひ、又無間子とも號す。蓋し村井長
道の假號なり。長道が謠言粗志訂補を選せしめしことは前に言へる如くなるが、彼はまた
所謂能樂愛好者が謠曲八拍子・能辨惑の如き古書を拱璧に...