石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀書を幕府に講ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
記を作りしもの皆之に因る。是より後綱紀の江戸に在る時は、屢將軍の講筵に陪し、六年
九月廿八日には將軍の論語を講じたる後、綱紀をして大學を講ぜしめて帛若干を賞賜し、
七年七月三日には將軍易の乾卦を講じたる後、綱...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高の卒去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
上レ食レ之。遂至レ不レ起。年三十一。鳴呼惜哉。君嘗招レ余。時々迎接。其暇日或講聽
二大學中庸一。或講二論語一而終レ編。且晤語之間乃父在。則雖レ難レ聞二斯行一。然其
志可二以觀一乎。天若假二之年一。則其前程不レ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
將軍綱吉の臨邸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
亦綱紀に寳刀及び黄金等を賜へり。綱紀及び世子利興共に酒を行り、奏するに猿樂を以て
し、次いで將軍は自ら論語の君子不器の章を講じ、綱紀をして大學の平天下の章を演べし
め、將軍又猿樂の一齣を舞ひ、綱紀も同じく立ち...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
上田作之丞の末年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
功頗る偉なりといふべし。著す所、南面論一卷・儼語秘策二卷・老之道種初篇十卷・同再
篇一卷・同三篇十卷・論語類篇八卷・濟急問答六卷・陽炎草一卷・老子掲要一卷・老子俚
解二卷・聖學俚譚四卷・據遊舘學則一卷・鷄肋集...