石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高手作 卸作 請作 歩卸 餘米卸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
後者にありては、餘剩の高を小高持又は頭振に耕作せしむ。地主より見るときは之を卸作
といひ、耕作人よりは請作と稱す。卸作を爲すには歩卸によるを本則とす。その方法は、
親作より地元若干を、その村の規定による合盛を...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
藤内
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
合に應じて米・麥・大唐などを受け、通常家業として燈心・草履等を製し、海濱に在りて
は漁業に從事し、又は請作を爲し、死者を荼毘に附す。
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
頭振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
農民の中高を有せず、請作又は稼を以て渡世するものあり、之を頭振(アタマフリ)と稱す
。頭振も亦廣義の百姓なれども、この意味に於...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
親作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
額の高を有するとき、悉く之を手作にすること能はざるが故に、その一部を卸作たらしむ
ることあり。然る時は請作するものより指して、之を親作と稱す。
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
子作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子作は親作に對する名稱にして、小百姓又は頭振にして多額の高を有する者より請作する
ものをいふ。俗に小作の文字を用ふ。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
皆濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
償すべく、尚必要の額に達せざるときは持高の一部を切高とし、その禮米によりて年貢を
皆濟するを古格とす。請作人にして收穫の不足したるときは、賣物代銀を以て租米を補ふ
額を引去り、その殘餘を御貸付屎物代及び小作年...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
夫食貸米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の比例によりて貸附したりしが、これ將た民聞の實状に適せざるものあり。即ち小高持若
くは頭振にして多くの請作を爲し、前年不作の影響を受くること甚だ大なりし者も、決し
てその損害に相當する夫食米を借り受くるを得ざ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に於いて、鬮地の小計を加へたるものと村高と一致せざるは、即ち鬮屑としたる惣地若干
あるを以てなり。凡そ請作を爲すものは、百姓たると頭振たるに拘らず、田地割の施行せ
られたる後改めて親作より之を借り受けざるべか...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割施行の實例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
家近き鬮地に不レ紛、苗代に可二相成一ヶ所取極、一石高に付歩數十八歩宛引、其餘堅く
引地仕間敷候事。一、請作人に茂、作田に應じ、苗代不二指支一樣爲レ致可レ申定之事。
一、御田地割初之儀は、苗代引田より割可レ申事...