石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩風の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その作る所莊典を尚ばず、力めて贍麗豐蔚、朱明の格調を襲蹈す。一時藝苑の士翕然とし
て之に靡き、加賀藩の詩風爲に再變せり。
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩政初期の詩賦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、徒に理を説き空に馳せて、幽情妙趣のその間に認むべきものあらず。當時最も天下に重
きをなせる石川丈山の詩風にして既に然り。その餘流を汲むもの豈盡く然らざらんや。松
永昌三然り、小瀬道喜然り、平岩仙桂・澤田宗堅...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
松永昌三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
愿朴にして毫も鉛華を用ひず。素より後世の儒生が濃艷柔媚の筆を以て、人を魅するの類
にあらず。以て當時の詩風を窺ふに足るべし。昌三門人多く、我が儒臣にして最も重きを
爲せる木下順庵亦その一人なり。昌三晩年官を辭...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
本多政敏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
らずして、尖新奇巧の生面目を開くに在り。故に規矩を范石湖・楊誠齋に執り、二百年前
既に他年世人が宋元の詩風に趨くの先鞭を著く。その先見の明激賞するに堪へたり。政敏
また大乘寺の月舟・天徳院の月坡・黄蘗の高泉等...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
本多政冬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
貞、文峰又は龜居子と號し、その居を藏六窩といふ。政敏の弟にして、國政の暇亦詩賦を
好み、同胞相唱和す。詩風は則ち鳥山芝軒を慕ふ。新歳作偶逢二東海春一。且喜レ作二吟
呻一。嫩柳依二覊客一。早梅慰二野人一。松枝横...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊泰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て學校總奉行と爲し、努めて學制を釐革せり。此の時に當り大窪詩佛の金城に來るありて
、大にその平淡流暢の詩風を傳播し、劉石秋の來寓するありて又詩作の法を説き、同時に
士人に寺島兢・上田耕ありて經濟の學を好み才識...