石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩政初期の詩賦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次に加賀藩に於ける詩賦文章に就いて略述せざるべからず。抑慶長・元和の際より寛永・
慶安の頃に至るまで、我が國の詩賦は尚鎌倉・...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩運の再勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の隆盛なりし時代にして、講經の業頗る熾烈、史學亦隆昌、所謂儒者なるもの濟々として
多士なりしとはいへ、詩賦文章の業は一般に往日に比して微々として振はず、纔かに二三
子によりて一綫の命脈を維持し得たるのみ。藩學...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
深山安良
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年來藝苑に翺翔するものありといへども、多くは理學の膠する所となり、文は必ず經典を
主とし達意を專とし、詩賦亦用語を經傳に求め佶倔句をなし、敢へて優麗雅典を期せず。
故に感興偶發して吟咏するものあるも絶えて金石...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。亦和臭を脱せず。景周幼にして宗家富田修和の養ふ所となり、終にその統を襲ぎて祿二
千五百石を食み、經學詩賦を乾祐直に學ぶ。景周と同時に小幡親久あり。佳節に遇ふ毎に
、宴をその碧雲樓に張り、詩客を會す。景周時に...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩賦と藩校
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
言したりき。その眼孔の小なる想ひ見るべきなり。而も生氣の盛なる遂に能く壓迫すべか
らず。いくばくもなく詩賦は藩黌の一科目として課せらるゝに至りしこと、藩末學士の詩
集中に明倫堂課題と註記したるもの往々にして存...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩末の詩人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
たりといへども、その作佶倔にして見るに足らず。寺島兢・上田耕二人亦學を好み、經濟
の論に長じたりしも、詩賦はその本領とする所にあらず。その他或は職を明倫堂に奉じ、
或は帷を金城に下し、各學術を以て藩末の奎運に...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
加藤重之 野村重威 山本基庸 石黒知幾 成田明遠 稻垣安根 稻垣秀賢 松崎禮和 小堀永頼 山崎長質 熊谷敬直 山脇敬美 大河原長發 佐藤弘道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
以上大地昌言を除き、他の七人は所謂室門の七才と稱するものあり。何れも經學或は詩賦
を以て當時の人士に鼓吹せるもの、その斯文に貢献せる所少からず。而して七才の外尚群
聚せる桃李の中、經學...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
野村圓平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
平、通稱は次右衞門、空翠・空翠樓・栖霞・協幽齋・殘月書屋と號す。幼より學を好み、
和漢の書籍を渉獵し、詩賦に耽り、傍ら禪に參す。書は懷素・祝枝山寺に私淑し、畫も亦
之を能くす。謠曲・彈琴・和歌・茶湯・圍碁等、...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
治時代に於ける學術の宗たるものは漢學なり。政治法律之に基づきて行はれ、倫理綱常之
に由りて維持せられ、詩賦文章之に則りて作らる。抑加賀藩の漢學は、夙く利家の好學よ
り萌し、無骨一偏の武將中に在りて既に異彩を放...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
學詞藻を以て來りて君侯に侍せり。而してその才を以て論ずれば彼等各長短ありといへど
も、聖經の幽頤を闡き詩賦文章の場裡に翺翔せるに至りては則ち相似たり。中に就きて木
下順庵・室鳩巣二人を以て翹楚となし、特に門下...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
闇齋派 古學派 徂徠派 折衷派
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を以て、誠實學を講じ、省察存養の工夫をなすものなく、其の端一たび開けて風俗澆漓世
を擧げて儒士を謗り、詩賦の末技にのみ趨きしもの、是を學風の一大變遷となす。降りて
明和の末より鴇田忠厚あり、折衷の學を唱へて高...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩界の革新
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
白石・雨森芳洲・松浦霞沼・祇園南海等の如き他邦の學士は論ずるまでもなく、加賀藩に
在りては室鳩巣の如き詩賦の巧妙前後に類を見ざる所とす。葢し當時藩主前田綱紀好みて
珍籍奇書を蒐集し、而して之を閲するを得たる鳩...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
乾乾樓詩會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又國卿横山隆達あり。器識朗高、詩賦尤も老蒼なり。春花秋月常に詞人墨客をその乾々樓
上に會して、唐明の二調に私淑し、而して隆達自ら之が牛耳...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
その他の詩人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に津田鳳卿あり、前田治脩・齊廣の二世に仕ふ。鳳卿博覽強記考證該博、最も史學を好み
、能く韓非子を讀む。詩賦の學は、その本領とする所にあらずといへども、一時名聲を擅
にせり。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
空照
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
八響一報二長短更一鍠鍠夢破殷殷耳明惟君所レ冀懇祈致レ誠武運延長政治太平徳被二四海
一威及二八紘一此等の詩賦、未だ佳境に到らず。況やその小序の如き、生硬難澁和臭紛々
たるもの、もと是浮屠氏の作なるを以て然るを期...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
養し、伊洛の教をこの土に廣め、室鳩巣の貞享元年を以て初めて祿せらるゝや、謹嚴なる
聖教の鼓吹と穩雅なる詩賦の奬勵とを以て、斯文をして絶大の光華を放たしめき。是に於
いて奧村庸禮・奧村悳輝・古市務本・今村正信・...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
木下順庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
冠。博二綜夫典謨子虫一。研二窮乎孔孟程朱一。逖矣聞二名於西土一。晩哉相二見於東都
一。』と。而して其の詩賦は典雅莊重、頗る盛唐の氣風に富む。實に是れ學海の冠冕にし
て、詞苑の翹楚たり。故に徂徠その詩を評して曰...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
羽黒成實
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るなりと。成實の經學に於ける、志を厚くし思む深くし、頤を探り微を闡き、實に一世に
重きをなす。然れども詩賦を喜ばず。故に儒名籍甚なりしといへども作詩に於いては聞ゆ
る所なし。左に録するものゝ如きは、拙劣澁晦固...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
室 直清
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
青地齊賢・青地禮幹・小寺遵路・小谷繼成・山根敬心ありて、之を室門の七才といへり。
鳩巣經學の餘暇、文章詩賦亦卓偉、長短手に任せて成る。その筆力九鼎に比すべし。嘗て
朝鮮の國使來聘せし時、命を奉じて學士李礥等と...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
岡島 達
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石梁と號す。加賀の人。幼にして書を能くし、長じて順庵に學び、經術に通ず。亦書畫に
耽り、翰墨を樂しみ、詩賦に巧なり。元祿九年七月順庵の推奬によりて加賀藩に仕へ、寳
永七年六月十日歿す、年四十四。寳永七年季春。...