石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩界の革新
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
頭巾氣習を脱する能はず、蔗境に入るの前途尚遼遠たるものありといへども、順庵の首と
して唐調を唱導せしは詩界に於ける一大革新といはざるべからず。故にその門人新井白石
・雨森芳洲・松浦霞沼・祇園南海等の如き他邦の...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩佛の詩行脚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
叙上の期間に於ける詩界の産物に對する價値に就きては、暫く措きて之を問はず、この一
時の流行を呈したりし所以のもの果して如何。...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩佛の感化
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
語を以て、揶揄的に之を評せるもの屢なるに徴するも、いかに詩佛臭味の深かりしかを察
すべく、而して是實に詩界の第三變たりしなり。
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩人の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
飜りて當時の來寓者にしてその影響を詩界に與へたるものを見るに、頼山陽の下りて能登
に探勝するあり。貫名苞の來りて大聖寺に僑居するあり。いづれ...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
維新以後の詩界
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
下りて明治となり、經學と共に漢詩の流行一時に挫折せりといへども、而も生涯の大部分
を斯文に委ねし人士は...