石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩佛の感化
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
道に涵泳せんことを希ふは、實に星斗を撫摩せんと欲するに似たりしなり。此の時に當り
文政十年詩佛が平民的詩人として飄然江戸より下り來り、頭を垂れ腰を低くして人に接し
、平淡流暢解し易く作り易き詩法を鼓吹す。工商...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩末の詩人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
胸底に藏し、之を發揮するに雄偉洗錬の文字を以てし、諷刺を洒脱の語句に藏し、自然を
艷麗の筆底に驅使す。詩人の面目をして躍如たらしめしもの、實に之を以て藩末の第一人
者に推すべし。
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
程朱派の再興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に士の苟くも職を君側に奉じ、教鞭を藩校に執らんと欲するものは、皆この途に馳せざる
べからず。不破浚明の詩人として藩主の左右に侍するや、その標榜する所の經學は古義な
りしといへども、藩校の既に起り擇ばれて學職に...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩風の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の富逸なること、他に多くその比を見ず。努めて清素新尖の文字を用ひて奇工妙趣を構ふ
。文政前後、加賀藩の詩人が、宋元の格調に走るの先驅をなせるものは實に政敏にして、
當時にありては取舍の議なきにあらざりしといへ...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
その他の詩人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大地文寶蕙齋は昌言の裔孫なり。能く祖訓を守りて濂洛の學を固執し、性瀟洒にして詩書
を好む。蕙齋の江都に...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
金澤以外の詩人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能登七尾の人岩城白・その弟眞は龜井道載等に從ひ、門前の人江尻成章等は頼山陽の門に
遊び、業成るの後各詩...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩運の再勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。到底之を以て元祿・天和の經史に素養ある君子の作に比すべくもあらずといへども、作
詩の隆昌はやがて二三詩人の崛起する前兆として、之を慶せざる能はず。
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩人の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
飜りて當時の來寓者にしてその影響を詩界に與へたるものを見るに、頼山陽の下りて能登
に探勝するあり。貫名...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
小瀬良正
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
へども、原と是れ儒家の作なるが故に、猶未だ頭巾氣習を全醒するに至らず。獨良正の作
に至りては、眞に所謂詩人の詩にして、前に比すべき人なく、後に纔かに深山安良の接踵
するあるのみ。只その文は則ち多く見るを得ず。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
乾 祐直
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
くす。韓客南中容その詩集に題して曰く、『其古体頗得二魏晋法一。其律絶清婉。五律七
絶尤佳。余東來所レ偶詩人。殆纍纍數。如レ是人。竟未レ易レ得レ之。』と。祐直後に横山
隆達の文學となる。著す所在岳楚語二卷・莊岳...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
深山安良
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
め佶倔句をなし、敢へて優麗雅典を期せず。故に感興偶發して吟咏するものあるも絶えて
金石の遺響なく、その詩人として見るに足る者は前に獨小瀬良正あるのみ。而して安良晩
に出でゝ專ら詩賦を以て生命となし、深沈奧妙北...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
緇流詩人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
此の時代前後の緇流にして、文學ある者には、善福寺の雪巖、龍峰寺の魯充、西勝寺の慶
秀、高岸寺の凌雲・大...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
渡邊 栗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
餘耳。何足レ軒二輊先生一。雖レ然斯集諷二咏之一。遂覺三情致幽異。詞氣温厚。出二于
自然天籟一。非下世之詩人事二彫琢一者之所中能髣髴上也。此足三以想二見其氣想之全體
一。古人謂。觀二鳳之一毛一。足三以知二其五色...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
瀬尾健造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に任じ、爾後諸學校に教鞭を執る。明治三十七年三月歿す、享年六十六。聞レ蟲有レ感候
蟲卿卿最多情。惱二殺詩人一眠不レ成。記得王師征北夜。戎衣露冷聽二斯聲一。
第三章 學事宗教 第八節 科學
蘭學の曙光
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
意味するDe Vorstelijke Warande Der Dieren.と題し、千六百十七年和蘭詩人Joost van
den Vondelの著したる寓話集とし、こゝに挿入したる驢馬の圖は、その挿畫百...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
宗學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
稱寺に入り、次いで上洛して學林に學び、後助教に補せらる。宗學亦頼山陽の門に詩を學
び、含雲又は六松山房詩人と號し、傍ら書畫茶俳に通ぜり。明治八年五月廿六日七十五歳
を以て寂す。